【巡回指導〈1〉】会津若松市立 第三中学校

日程

2019年9月23日(月・祝)

参加者

若松第三中学校(10名)/ 菅沼先生

指導者

小野章三(元堺ブレイザーズ)

同行者

事務局/高木副実行委員長、小色尚子

最初に高木副委員長から友情ネットについて主旨と概要を説明しました。
次に小野コーチからバレーを通じて人として学んで欲しいことをお話しさせていただきました。
コミュニケーションゲームでは「勝つためにどうするかチームで考えて話し合おう」とチームワークの大切さを小野コーチが伝えます。

続いてオーバーとアンダーのパスの練習。
小野コーチから「基礎が全然できてないね」と厳しい感想が述べられ、その途端、生徒の皆さんの顔色が変わりました。 「基礎というしっかりとした型があって、その先に技術があります。腕や足の使い方、ボールの捉え方、全ての基礎をしっかりやろう」と言葉がありました。
真剣にかつ明るさをもってその言葉に応える子供たちがとても印象的でした。

次はスパイク練習です。「飛ぶタイミングと打つタイミングの感覚、狙った所に打てる技術をしっかりと体に刻もう」と小野コーチが伝えます。小野コーチの声に意識が高まり、どんどん良いスパイクが撃ち込まれました。
最後にフォーメーションを確認しながら、最後のアタックまでチーム内の役割とポジションについて明確化する指導をしました。 この1年間、励まし合いながら心を1つにして頑張りましょう!