これからの友情ネットプロジェクトが目指すもの
〜 ふくしま みらいびとづくりサポーター 〜

2013年に「復興支援スポーツ団体」としてスタートした
友情ネットプロジェクトは、皆様に支えられながら、
今年で8年目を迎えました。
今後、福島県がさらなる復興や再生を進めていくなかで、
これからの友情ネットプロジェクトは、
「福島県の中学生達が、今後もバレーボールを続けて欲しい」
「バレーを通じて得られる強さと喜びを、直接、子供達に伝えていきたい」
「未来を担う子供達の心も育てていきたい」
との願いを込めて、「ふくしま みらいびとづくりサポーター」として、
福島の未来を担う子供達の今に寄り添い、
力になってゆきたいと考えています。