ホーム  サイトマップ




 活動報告

*クリックすると各期のタイトル一覧が表示されます。

第四期(2016年度)活動報告一覧
  2017.07.29 【巡回指導〈4〉】新地町立 尚英中学校 男子
  2017.07.21 【巡回指導〈4〉】白河市立白河第二中学校(女子)
  2017.07.15 【巡回指導〈4〉】新地町立 尚英中学校 女子
  2017.07.08 友情ネットプロジェクト交流イベント2017in福島 実施報告書
  2017.06.23 平成28年度 活動報告会 実施報告書
  2017.06.10 【巡回指導〈3〉】白河市立 白河中学校 男子・女子
  2017.06.04 【巡回指導〈3〉】白河市立 大信中学校・いわき市立 玉川中学校
  2017.05.27 【巡回指導〈3〉】新地町立 尚英中学校 男子
  2017.05.14 【巡回指導〈3〉】白河市立白河第二中学校(女子)
  2017.05.13 【巡回指導〈3〉】新地町立 尚英中学校 女子
  2017.03.26 【巡回指導〈2〉】いわき市立 玉川中学校
  2017.02.26 【巡回指導〈2〉】白河市立 大信中学校
  2017.02.25 【巡回指導〈2〉】白河市立 白河中央中学校
  2017.02.19 【巡回指導〈2〉】白河市立 白河中央中学校(男子)
  2017.02.18 【巡回指導〈2〉】白河市立 白河第二中学校
  2017.02.04 【巡回指導〈2〉】新地町立 尚英中学校
  2016.11.26 【巡回指導〈1〉】白河市立 白河第二中学校
  2016.11.12 【巡回指導〈1〉】いわき市立 玉川中学校
  2016.11.06 【巡回指導〈1〉】白河市立 大信中学校
  2016.10.30 【巡回指導〈1〉】新地町町立 尚英中学校
  2016.10.23 【巡回指導〈1〉】白河市立 白河中央中学校

第三期(2015年度)活動報告一覧
  2016.08.06 【巡回指導〈5〉】白河市立 表郷中学校
  2016.07.31 【巡回指導〈5〉】白河市立 東中学校
  2016.07.30 【巡回指導〈5〉】福島市立 福島第三中学校
  2016.07.23 【〈番外編〉第59回福島県中学校体育大会:県大会出場 郡山市立 御舘中学校】   2016.07.23 【〈番外編〉第59回福島県中学校体育大会:県大会出場 福島市立 福島第三中学校】   2016.07.09 【巡回指導〈5〉】福島市立 松陵中学校
  2016.07.03 【巡回指導〈5〉】郡山市立 御舘中学校
  2016.06.05 【巡回指導〈4〉】福島市立 福島第三中学校
  2016.06.04 【巡回指導〈4〉】白河市立 東中学校
  2016.05.15 【巡回指導〈4〉】福島市立 松陵中学校
  2016.05.08 【巡回指導〈4〉】白河市立 表郷中学校
  2016.05.07 【巡回指導〈4〉】郡山市立 御舘中学校
  2016.03.19 【巡回指導〈番外編〉】第一期:只見中学校、第二期:西会津中学校、
                   第三期:御舘中学校+磐梯中学校、新鶴中学校

  2016.03.12 【巡回指導〈3〉】福島市立 松陵中学校
  2016.02.26 【巡回指導〈3〉】福島市立 福島第三中学校
  2016.02.14 【巡回指導〈3〉】郡山市立 御舘中学校
  2016.02.07 【巡回指導〈3〉】白河市立 表郷中学校・東中学校(合同)
  2015.11.29 【巡回指導〈2〉】白河市立 東中学校
  2015.11.28 【巡回指導〈2〉】郡山市立 御舘中学校
  2015.11.20 【巡回指導〈2〉】福島市立 松陵中学校
  2015.11.15 【巡回指導〈2〉】福島市立 福島第三中学校
  2015.11.15 【巡回指導〈2〉】白河市立 表郷中学校
  2015.10.28 【巡回指導〈1〉】郡山市立 御舘中学校
  2015.09.27 【巡回指導〈1〉】白河市立 東中学校
  2015.09.13 【巡回指導〈1〉】福島市立 福島第三中学校
  2015.09.12 【巡回指導〈1〉】白河市立 表郷中学校
  2015.09.05 【巡回指導〈1〉】福島市立 松陵中学校

第二期(2014年度)活動報告一覧
  2015.07.28 【巡回指導〈5〉】いわき市立 湯本第三中学校
  2015.07.20 【巡回指導〈5〉】川俣町立 川俣中学校・南相馬市立原町第二中学校
  2015.07.12 【巡回指導〈5〉】福島市立 信夫中学校
  2015.07.09 【巡回指導〈5〉】西会津町立 西会津中学校
  2015.06.07 【巡回指導〈4〉】いわき市立 湯本第三中学校
  2015.05.17 【巡回指導〈4〉】福島市立 信夫中学校
  2015.05.10 【巡回指導〈4〉】川俣町立 川俣中学校
  2015.05.09 【巡回指導〈4〉】福島市立 信夫中学校
  2015.04.29 【巡回指導〈4〉】西会津町立 西会津中学校
  2015.03.19 【巡回指導〈3〉】西会津町立 西会津中学校
  2015.03.15 【巡回指導〈3〉】いわき市立 湯本第三中学校
  2015.03.15 【巡回指導〈3〉】福島市立 信夫中学校
  2015.03.01 【巡回指導〈3〉】川俣町立 川俣中学校・南相馬市立原町第二中学校
  2014.12.28-29【イベント】友情ネットプロジェクト 福島×関東 交流会 in 横浜国際プール
  2014.11.30 【巡回指導〈2〉】いわき市立 湯本第三中学校
  2014.11.27 【巡回指導〈2〉】西会津町立 西会津中学校
  2014.11.15 【巡回指導〈2〉】南相馬市立 原町第二中学校
  2014.11.15 【巡回指導〈2〉】川俣町立 川俣中学校
  2014.10.19 【巡回指導〈2〉】福島市立 信夫中学校
  2014.10.18 【イベント】友情ネットプロジェクト 東北交流会 in 名取
  2014.09.21 【巡回指導〈1〉】福島市立 信夫中学校
  2014.09.21 【巡回指導〈1〉】川俣町立 川俣中学校
  2014.09.21 【巡回指導〈1〉】西会津町立 西会津中学校
  2014.09.14 【巡回指導〈1〉】南相馬市立 原町第二中学校
  2014.09.11 【巡回指導〈1〉】いわき市立 湯本第三中学校

第一期(2013年度)活動報告 一覧
  2013.12.28-29【イベント】友情ネットプロジェクトバレーボールフェア in 横浜国際プール
  2013.10.19-20【イベント】GAMBARUZO!ふくしま バレーボールエイド2013 in 猪苗代
  2013.09.28 【訪問指導】伊達市立 伊達中学校
  2013.09.18 【訪問指導】只見市立 只見中学校
  2013.09.04 【訪問指導】鮫川村立 鮫川中学校
  2013.09.01 【訪問指導】二本松市立 小浜中学校
 
 
【巡回指導〈4〉】新地町立 尚英中学校 男子
日 程 : 2017年7月29日(土)
参加者 : 尚英中学校(男子18名)羽根田先生、島先生+国見町立県北中学校
指導者 : 田中直樹(元住友金属ギラソール)
同行者 : 事務局/松尾英紀・小色尚子


福島県の県大会で優勝を飾った尚英中男子のラストの巡回指導は田中コーチです。この日は県大会2位の県北中学校も参加となりました。強打レシーブ、オーバーレシーブなどに対して正確な姿勢、対応の仕方など細かく指導しました。


スパイクの指導ではスイングの速さ、空中で形を作って溜めてから素早く打つタイミングや動作について指導がありました。ゲーム形式では尚英中、県北中とも真剣勝負です。その後は二段トスの正確さ、レフトからの攻撃に対する処理の仕方、ブロックのタイミング、ブロックに対するスパイクの攻撃の仕方、ポジショニングの取り方、セッターのタイミングやボールさばきなど、両校に対して何度も繰り返し指導しました。


最後は今期の歩みを鑑賞し、ラスト式が行われました。松尾さんからは「かけがえのない仲間との時間を大切に頑張って欲しい」と話がありました。田中コーチからは「技術は備わっている、最後は「気持ち」が大切。まず、今、与えられたチャンスを大切にして欲しい。これからチャンスも、沢山の試練や悔しいこともあるだろう、それがきっと君たちを支えてくれるから、どんなことでも悔いのないチャレンジをして欲しい。そして、沢山の方に支えられ、応援されていることに感謝できる、そんな人間になって欲しい。福島県代表として頑張って、ぜひ全国大会に行ってください」と激励の言葉がありました。福島代表として東北大会で元気いっぱい、自分たちのバレーで頑張って下さい。

 
 
【巡回指導〈4〉】白河市立白河第二中学校(女子)
日 程 : 2017年7月21日(日)
参加者 : 白河第二中学校(女子) 12名 / 寺島先生、弓田先生 
指導者 : 斎藤真由美 (元パイオニアレッドウィングス)
同行者 : 事務局 / 天谷実行委員長・藤野美緒


白河第二中学校ラストの巡回指導は、斎藤真由美コーチです。この日の気温は32℃、少し長めの休憩をとりながら真由美コーチから出題のスポーツクイズで盛り上がりました。
お絵かきクイズでは、天谷実行委員長も子供達と一緒に頑張ってくださいました。


サイドステップからのレシーブ練習では、素早く動くこと、ボールをよく見ることを意識。3人レシーブでは、打つ人の身体の向きや打ち方もしっかり見て予測すること、仲間の動きも見て自分はどう動くかなどを意識しながらレシーブをしました。
ボールを打つためのコントロールを重視した壁打ちの練習では、皆で連続の目標を30本と決めスタートしたものの、なかなか達成できず…。真由美コーチから、『「数」をこなして「質」に変わるまで、あきらめないで欲しいです。』とゆう熱いメッセージを子供達に伝えていました。


練習後のラスト式では、4期の活動を振り返りながら、一人一人から友情ネットに参加したこの一年間の感想を聞かせていただきました。
それぞれが感じたこと、これから頑張ること、感謝の気持ちなど、本当に多くのことを感じ取ってくれていて、とても嬉しく思いました。
先生方、保護者の皆様にも心より感謝申し上げます。1年間本当にありがとうございました。これからも応援しています!!頑張れ、白河第二中学校!!

 
 
【巡回指導〈4〉】新地町立 尚英中学校(女子)
日 程 : 2017年7月15日(土)
参加者 : 尚英中学校(女子15名)/ 渡辺先生、山本先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/小色尚子 会員企業 : 新日鐵住金(株) 1名


ラストの巡回指導は小野コーチと名取イベントで1日副顧問を務め、尚英女子の粘り強いバレーのファンになった岩見さんが激励に訪問しました。歓迎のポスターに感激のお二人です。最後の巡回指導、楽しく元気よく頑張りましょう!


サーブ、アンダーなど、基礎の練習の後は、みんなから強打レシーブをお願いします!とリクエストがあり、小野コーチが応えました。練習の最後は、2つのチームに分かれ、小野コーチも入ってのガチンコゲームです。3年生は最後の試合、みんな笑顔いっぱいで、楽しそうに試合をする姿がとてもキラキラと輝いて本当に素敵でした。


試合が終わった後は教室に移動して、4期のあゆみをみんなで見ました。この日は沢山の保護者も来て下さり、一緒にラスト式に参加して下さいました。最後に岩見さんから「福島イベントで、1つになって頑張っている姿に感動しました。これからも頑張って下さい」と激励の言葉をいただきました。小野コーチからは「努力は嘘をつかない。1年間の貴重な経験をこれからも生かして、色んな事に挑戦して、自分の夢や目標に向かって欲しい」と言葉がありました。


最後の福島イベントでは念願の優勝を勝ち取った尚英女子チーム。3年生を交えた最後の試合を、本当に心から楽しんでプレーしている姿が印象的でした。自分を表現する事、仲間と1つになって成し得る事の楽しさ、強さを大切に、これからも頑張って欲しいと思います。最後は笑顔いっぱいで見送りして下さいました。1年間ありがとうございました。

 
 
友情ネットプロジェクト交流イベント2017in福島 実施報告書
日 時 : 2017年7月8日(土)9:30-16:00
場 所 : 城山総合体育館  (住所:福島県二本松市郭内4丁目220)
主 催 : 友情ネットプロジェクト
後 援 : 福島県、福島県教育委員会、公益財団法人福島県体育協会
イベント後援 : 二本松市、二本松市教育委員会、福島民報社、福島民友社
イベント共催 : 二本松市体育協会、(一社)いわしろふれあいスポーツクラブ
スケジュール : 
  09:30-10:00 開会式
 10:00-12:00 バレーボールクリニック
 13:00-15:00 交流戦
 15:20-16:00 表彰式、閉会式、shimvaミニライブ
参加者 : 357名(中学校、指導員、事務局・関係者、会員企業)
 (1)中学校 313名 (生徒226名+顧問16名、保護者71名)
  【男子】 4校57名
   白河市立白河中央中学校(男子) 9名、いわき市立藤間中学校(男子) 8名
   福島市立北信中学校(男子) 22名、福島市立福島第四中学校(男子) 18名
  【女子】 9校169名
   白河市立白河中央中学校(女子) 20名、新地町立尚英中学校(女子) 14名
   白河市立白河第二中学校(女子) 18名、いわき市立玉川中学校(女子) 17名
   湯川村立湯川中学校(女子) 30名、いわき市赤井中学校(女子) 13名
   須賀川市立第三中学校(女子) 20名、二本松市立小浜中学校(女子) 11名
   会津若松市立第三中学校(女子) 26名
 (2)指導員 6名
   田中 直樹 (住友金属ギラソール)、斎藤 真由美 (元パイオニアレッドウイングス)
   小野 章三 (元堺ブレイザーズ)、岡野 弘子 (元岡山シーガールズ)
   上田 芳裕 (元サントリーサンバーズ)、内藤 香菜子 (元NECレッドロケッツ)
 (3)事務局・関係者 24名
 (4)会員企業 9名 (新日鐵住金、三菱商事、佐藤製線販売、日本鐵板)
 
イベントの様子 : 

◆開会式


(左)主催者代表挨拶:天谷実行委員長  (中央)来賓挨拶:二本松市教育長 小泉裕明 様


◆バレーボールクリニック(指導員により実演指導)、交流戦


(左)上田芳裕指導員          (中央)岡野弘子指導員      (右)斎藤真由美指導員


(左)内藤香菜子指導員         (中央)小野章三指導員      (右)田中直樹指導員



◆表彰式、閉会


(左)交流戦優勝校へ天谷実行委員長より表彰状の贈呈<男子:福島第四中学校 女子:尚英中学校>
(中央)ハッスル賞の贈呈 女子 小浜中学校 三浦 志愛さん (右)男子 福島第四中学校 石井 大翔さん


(左)指導員への感謝の言葉 生徒代表 玉川中学校 吉田 琉那さん (右)最後は花道を作り指導員をお見送り
(中央)第4期活動DVDに楽曲提供頂いた Shimvasさんがイベントに参加し、曲を披露頂きました

 
 
平成28年度 活動報告会 実施報告書
日 程 : 2017年6月23日(金)16:00-20:30
場 所 : アークホテル仙台青葉通り
出席者 : 55名(会員企業42名、協賛企業1名、事務局/関係者12名)
     (会員企業) 26社42名
     新日鐵住金株式会社東北支店、日鉄住金物産株式会社東北支店、三井物産株式会社東北支社、
     三菱商事株式会社東北支社、新日鉄住金エンジニアリング株式会社東北支店、日鐵住金建材株式会社、
     イシグロ株式会社、株式会社今弘スチール、株式会社エムオーテック東北支店、
     株式会社佐藤ホールディングス、佐藤製線販売株式会社、住友商事東北株式会社、高田産商株式会社、
     東成鋼管株式会社、東北企業株式会社、株式会社富田製作所、株式会社ニッコー、
     日鉄住金鋼板株式会社、日鉄住金テクノロジー株式会社、日鉄住金物流株式会社 東北支店、
     日鉄住金ボルテン株式会社、日鐵住金溶接工業株式会社、日本鐵板株式会社、株式会社福島ビルテック、
     株式会社メタルワン 東北支社、ヤマコ総合物流株式会社、株式会社LIXIL 東北支社
     (協賛企業)1社1名
     日鉄住金鋼板労働組合船橋支部
     (事務局/関係者)12名
式次第 : 1. ご挨拶 <実行委員長 天谷武>
      2. 平成28年度活動報告・会計報告
      3. 平成29年度活動計画・予算計画   <事務局 吉野睦美>
      4. 講演会
       *講師 元バレーボール全日本代表 選手【元住友金属ギラソール選手】
           日鉄住金ボルテン株式会社 営業部部長(東日本統括)兼東京営業所長 田中直樹 氏
       *テーマ 「バレーボールで伝えたいこと」
      5. 活動報告DVD上映、パネルディスカッション
       *コーディネーター 実行委員長 天谷 武
       *パネリスト    指導員兼事務局長補佐 小野 章三
                       指導員 斎藤 真由美
                       事務局 小色 尚子
                       福島事務局 藤野 美緒
      6. 懇親会
       *ミニライブ
        福島県出身シンガーソングライター Shimvaさんより、
        活動報告DVDに使用された曲「リ・チャレンジ~最高峰の夢を~」を披露しました。


(左)主催者代表 天谷実行委員長からの挨拶 (中央)講演 元全日本代表 日鉄住金ボルテン 田中直樹氏


(中央)(右)指導員、事務局によるパネルディスカッション


(懇親会)(左)会員代表挨拶 三井物産 加賀谷支社長 (右)中締め 三菱商事 藤田支社長
(中央)福島県出身シンガーソングライターShimvaさん 活動報告DVDに使用された曲「リ・チャレンジ~最高峰の夢を~」を披露


 
 
【巡回指導〈3〉】白河市立 白河中学校 男子・女子
日 程 : 2017年6月10日(土)
参加者 : 白河中央女子(29名)/ 小針先生 、白河中央男子(19名)/田崎先生
指導者 : 内藤香菜子(元NECレッドロケッツ)小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長・小色尚子


巡回指導3回目は、女子は内藤コーチ、男子は小野コーチが指導しました。女子は最初、アップから行いました。内藤コーチから「これは何のための練習?」と一つ一つに質問がありました。「練習には必ず意味と目的があるので、それをきちんと意識しながら練習することが大切です。動作も意味を理解して練習しましょう」と話がありました。


男子は県大会前とあって、ゲーム方式で指導を行いました。ポジションの確認、不得意なところからの攻撃に対するレセプションや、そこから作ってゆく攻撃など、小野コーチが熱血で指導しました。「サーブを打つのも、ブロックも攻撃も相手チームを考え、常に意識して臨むこと。大切なことは考えること、意識することだ」聞く目も真剣です。


女子の3年生はこの日が引退とあって、引退試合として、内藤コーチ・小針先生率いる新チームと対戦しました。最後の試合、心をひとつにして挑みます。また、この後は小野コーチが女子チームに混ざり、男子レギュラーチームと試合をしました。小野コーチと円陣を組んでガチンコ勝負です。男子の高いネットでも負けずに挑んでスパイクを打ちこむ女子チーム!男子の強烈スパイクにも果敢に挑み、ボールを上げることが出来た!と歓喜の声が響きます。チームメイトと、とても楽しそうに一生懸命に試合をする姿が、キラキラと輝いていました。


試合後に、内藤コーチに質問タイムです。しっかりとご飯を食べること、寝ること、部活をすること、全てメリハリを持ってやることが大切ですと、話がありました。最後に3年生女子一人一人が内藤コーチと握手です。感謝や将来の夢などを内藤コーチや小野コーチに笑顔で話す姿がとても印象的でした。男子は女子の分も県大会で頑張って下さい!

 
 
【巡回指導〈3〉】白河市立 大信中学校・いわき市立 玉川中学校
日 程 : 2017年6月4日(日)
参加者 : 大信中学校(女子16名)/林先生、久保木先生、玉川中学校(女子17名)/小川先生
指導者 : 岡野弘子(元岡山シーガルズ)
同行者 : 事務局/藤野美緒・小色尚子


巡回指導3回目は白河の大信中学校に、いわきの玉川中学校が来校しての合同指導となりました。大会目前だったので、練習試合をして、チームそれぞれに必要な事を岡野コーチから指導してもらいました。


試合をしながら、ポジションの確認、意識すべきところ、リズムの掴み方、連続失点した時の気持ちの切り替えなど、岡野コーチがそれぞれに丁寧に指導しました。ファインプレーも続出で、熱い試合を見守る保護者の方々も一生懸命応援して下さいました。


試合と指導を繰り返して行くうちに、どんどんチームの良さが出て来て、白熱した試合が続きました。岡野コーチからは、「技術も大切だけど、もっと大切なのはメンタルです。ミスをすると焦って更にミスを重ねてしまうので、ミスをしてもいい、早く気持ちを切り替えして、リズムを作る意識を持つこと。自分たちの「出来ること」を大切に、試合では、自分たちのバレーを発揮して下さい」と言葉があり、3回目の合同指導を終えました。両校とも、自分たちのバレーを精一杯頑張って下さい!

 
 
【巡回指導〈3〉】新地町立 尚英中学校 男子
日 程 : 2017年5月27日(土)
参加者 : 尚英中学校(男子18名)羽根田先生、島先生 +仙台市立将監中学校(男子14名)長谷川先生
指導者 : 田中直樹(元住友金属ギラソール)
同行者 : 事務局/高木副委員長・柏正彦・小色尚子


3回目は仙台市立将監中学校の男子バレー部を迎えての指導です。最初に田中コーチより、スポーツの中でバレーを選んでくれたことへの感謝と、激励のメッセージが贈られました。また、将監中のみなさんに友情ネットの説明をしました。共に県NO1、東北大会、全国大会を目指している同士、練習試合を通じて、指導させていただきました。


早速、練習試合の開始です。力強くて元気なファインプレーがたくさん繰り広げられました。田中コーチから「試合は気持ちをコントロールすることが大事。簡単なボールほど大切にする。放物線の一番上でボールを捉えること、ボールを待っているのではなく、自分から行くこと。ボールに体を真っ直ぐに向かうこと、上半身を動かす前に、足を動かすこと。チャンスを生かす、自分たちで流れを掴むことが大切。ただ打つのではなく、自分たちで頭を使って工夫してゲームを作っていくこと。自分たちしか出せない持ち味を生かすこと。20点からが勝負、そこから点を取られないチームが強くて勝てるチームだ」など、たくさん為になる言葉と共に、指導が両校に行われました。


最後は田中コーチに質問コーナー!サーブの心構えは?の質問に「無心」だと田中コーチ。練習を何度も繰り返すことで緊張しても平常心で挑める。プレーも自分の脳で考えて、それが気持ちに伝わる、自分で考えることが大切だと伝えてくれました。田中コーチからバレーの詩のプレゼントされた、みなさん。両校ともテッペン目指して頑張って下さい!

 
 
【巡回指導〈3〉】白河市立白河第二中学校(女子)
日 程 : 2017年5月14日(日)
参加者 : 白河第二中学校(女子) 20名 / 寺島先生、弓田先生 
指導者 : 岡野弘子 (元岡山シーガールズ)
同行者 : 事務局 / 藤野美緒


白河第二中学校3回目の巡回指導は岡野弘子コーチ。顧問の先生から、自分が苦手なところや、今日学びたいことは何かが岡野コーチに伝わるように、一人一人の目標を紙に書き出してくれました。
今日の練習メニューを顧問の先生と打合せをして、本日の練習をスタートしました。


自分の予測と外れたり、少し難しいと感じたボールに対して、ボールを追いかけるのを諦めてしまう様子が見られた為スライディングの練習を取り入れました。


レシーブで形が崩れたり迷ったボールでも、セッターに持っていくという意識を持つようにと、岡野コーチから子供達に何度も伝えていました。


大会前の練習とゆう事もあり、6人の動きを確認しながら乱打形式の練習を行いました。ポイントを一つ一つ丁寧に確認しながら。相手の動きをよく見て、ボールの動きを予測して動くことも大事。普段の練習の時でも意識して練習することが大切である。岡野コーチから沢山のポイントを伝えられていました。

 
 
【巡回指導〈3〉】新地町立 尚英中学校 女子
日 程 : 2017年5月13日(土)
参加者 : 尚英中学校(女子16名)/ 渡辺先生、山本先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/柏正彦・小色尚子


巡回指導3回目は女子のみで指導を行いました。新1年生が4名入り、自己紹介をしてもらいました。そして、小野コーチより、前回の巡回指導で何をやったか、そこで得たものを日々に取り入れているか確認があり、実際に行ってもらいました。一つ一つの動作も「意味を考え、意識すること、頭を使って考えることが大切」だという話がありました。


全員でサーブレシーブの練習をしました。基本姿勢、相手の位置や距離などを計り、自分の体を使って確実に小野コーチに返します。上手に返せなかった事に小野コーチから「簡単なボールを送っているのに返せない。何故か分かる?それは「簡単だ」という気持ちでやっているから。簡単なボールこそ、真剣に丁寧に正確に返す。そういう意識を持って基本の練習を大切にすることが、一番大事なんだよ」と指導があり、全員が正確に返せるまで何度も練習を行いました。


地区大会を目の前に、レギュラーチームに対して強化指導が行われました。スパイクをネットに掛けずに5回連続、全員で続けることがなかなか上手くいきません。集中する事、足の使い方、スパイクの形など、一つ一つ指導しました。


最後はゲーム方式で実際の試合を想定して指導しました。相手コートには小野コーチが入ります。ブロックを恐れずに果敢にスパイクで挑みます。小野コーチも真剣!捕まったり、突破したり、一生懸命に挑むプレーに尚英中の「強い心」を感じました。最後は、小野コーチに生徒のみんなからクイズを出したりと、楽しく指導を終えました。大会では、自分たちを信じて頑張って下さいね、応援しています!!

 
 
【巡回指導〈2〉】 いわき市立 玉川中学校
日 程 : 2017年3月26日(日)
参加者 : いわき市立玉川中学校(女子17名)/小川先生・齊藤先生
指導者 : 岡野弘子(元岡山シーガルズ)
同行者 : 事務局/柏正彦・小色尚子


巡回指導2回目の岡野コーチから、バレーボールってどんなスポーツだと思いますか?と質問がありました。
みんなでボールを繋ぐこと、仲間を想ってプレーすることなど、素晴らしい答えが返ってきました。岡野コーチから「バレーはチームプレーがとても大切で、ボールに想いを込めて繋ぐスポーツです。お互いを知って想ってプレーしましょう」と話がありました。
最初はアップから。サイドステップやブロックを取り入れて、レシーブの型からのダッシュなどを行いました。自分の体に意志を伝えてコントロールすることの重要性を伝えました。


ブロックは、トスからスパイクの動きを見ての判断、ステップの歩数や2枚ブロックの時の着地について指導しました。


スリーメンでは、コーチの動きを早く見て予測し、ポジションの取り方、素早く反応することの大切さ、特に、レシーブは優しいボールを雑に扱わない、体全部を使って丁寧に大切な想いを運ぶようにと岡野コーチから指導がありました。みんなの反応も段々と良くなっていきました。


普段、試合で苦手だと感じているフォーメーションについて指導をしました。「声は出ているけど、体がついて行ってないよね、まずは反応すること。とても良いチームなので良いところをもっと生かせるように、すばやく反応できる練習を沢山しましょう。」と岡野コーチ。
質問コーナーでは、スパイクのコースの最終判断のタイミングについてなど、先生や生徒のみんなから沢山の質問が寄せられました。とても明るく、仲の良い玉川中のみんな。笑顔いっぱい、元気いっぱいで2回目の指導を終えました。
 
 
【巡回指導〈2〉】 白河市立大信中学校(女子)
日 程 : 2017年2月26日(日)
参加者 : 白河大信中学校(女子) 12名 / 三森先生、久保木先生 
指導者 : 岡野弘子 (元岡山シーガールズ)
同行者 : 事務局 / 藤野美緒


大信中2回目の巡回指導は岡野弘子コーチです。前回の11月6日から、自分のプレーや気持ちが変わったことある? との質問に、首を傾げる子供達…。どうしたのかな?と思いながら答えを待つと、「前より悪くなっている気がする…」 とゆう小さい声で返事が返ってきました。でも、本当に悪くなっているわけではなく、練習中やゲーム中に、考え過ぎて しまってうまく動けないとゆう事のようでした。 岡野コーチから、「悪くなっていないと思う。むしろ上手くなっていると思う。ただ失敗するのが怖いのかもしれないね。 練習中に失敗するのはOK!失敗したらいけないと思う気持ちが出た時に崩れるのかな。自分の成長と、仲間の成長 をしっかりと見て・感じてプレーできたらいいね。」とのアドバイスがありました。


慌てず、ゆっくり、打つ人の体勢を良く見て、ボールがどこにくるか予測することも大事。どうゆう風にポジションをとり レシーブをするのかを考えることも大事。練習でしっかり身に付けて、体で覚えて試合に臨めるといいねとの指導。


ひとつひとつのプレーで、ポジションやボールの落ちる位置の予測を丁寧に指導してくださった岡野コーチ。 話を聞き理解した子供達は、練習終盤はとても良い動きをしていました。


練習後の様子を見て、心がひとつになっているとても良いチームだな~と感じました。ガンバレ!大信中!

 
 
【巡回指導〈2〉】 白河市立 白河中央中学校
日 程 : 2017年2月25日(土)
参加者 : 白河中央中学校(女子) 25名 / 小針先生 
指導者 : 内藤香菜子 (元NECレッドロケッツ)
同行者 : 事務局 / 藤野美緒


本日の巡回指導は、内藤香菜子コーチです。翌週の大会に向けての指導になりました。サーブは体重移動をしっかり と、サーブカットは慌てずゆっくりボールを良く見て、低い位置から丁寧にあげること、レシーブの時の移動は床を蹴る キュッの音が出るくらい素早く動くなどの指導がありました。


セッターからトスが上がる瞬間、アタッカーはどの位置から動きだすことが望ましいか、アタッカーは打つためにコート にいるのだから、いつでも準備しておくこと。という指導あり、その後の動きがグッと良くなっていました。


顧問の小針先生からフォーメーションの確認があり、チームは翌週末の大会に備えてゲーム形式の練習を繰り返し ました。この日感心したことが、1年生達の動き。ゲームには入れませんが、機敏なラインズマンの動きや、空いて いる時には体幹トレーニングをしている姿を見て、頑張っているな~ガンバレ1年生!!と、心の中で何度も叫んで しまいました。 この日も、沢山の保護者の皆さんが子供達を見守り、2回目の友情ネット巡回指導を支えていただきましたことにも 感謝申し上げます。

 
 
【巡回指導〈2〉】 白河市立 白河中央中学校
日 程 : 2017年2月19日(日)
参加者 : 白河中央中学校(男子16名)/ 田崎先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長・小色尚子


前回小野コーチと朝ごはんを食べることを約束したみんな。みんなに朝ごはんに何を食べたか質問がありました。この日、朝食を忘れた子がみんなの前でちゃんと摂ります!と宣言をしました。指導では、セッターの視野について、フォームによって見える範囲の違いなど、正しい姿勢の必要性を伝えました。また、スリーメンでは多彩なボールに対しての反応、コミュニケーションの大切さを確認しながら指導しました。


跳び箱を使い、ライト・レフト・ミドルからのスパイクに対してのブロック対応、フォーメーション、ディグの指導を行いました。最初に何人か跳び箱に乗って、ブロックの感触を体感しました。一気に身長が伸びたみたいで、みんな楽しそうです。小野コーチがブロックの手本を披露し、早速、実行してみます。「フォーメーションや役割を、きちんと自分で考えて意識をしてプレーすること!」小野コーチからの激が飛び交う中、何度も何度も練習しました。


小野コーチより「自分たちのバレーボールになっていないのは何故なのか、みんなで考えること。チームでコミュニケーションを取り、自分たちでルールを決め、自分の役割を全うすること、意識すること。人にはそれぞれ自分にしかできない役割があるようにチームの中でも役割があるんだよ。」と話がありました。次回、自分たちのバレーが形になっていることを期待しながら、2回目の指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈2〉】 白河市立 白河第二中学校
日 程 : 2017年2月18日(土)
参加者 : 白河第二中学校(女子9名)/弓田先生、邊見先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長・小色尚子  会員 1名(三菱商事株式会社東北支社)


巡回指導2回目はウエルカムボードに感激の小野コーチです。最初に急遽、「バレーボールとは」のミニ講座が開かれました。プレーで必要な基礎フォームなどの他に、チームワークとは何か、コートの中での役割、人を想いやることの大切さなど一人一人に質問しながら行われました。笑いいっぱい、笑顔いっぱいの時間になりました。


みんなで円陣を組んで、気合を入れて指導スタートです。アップも自分で目標を持ってそれに挑むこと、達成したこと出来なかったことを次に繋げて、日々モチベーションを自ら上げて練習することの大切さ、また、頭と体を同時に使いながらステップをする練習を2チームに分かれて行いました。出来た子が出来ない子に一生懸命教え、チームワークで挑みました。その後、2つのボールを使ってパスをし合い、声を出すことやフォローすることの大切さを学びました。


インフルエンザで部活休止から久しぶりにボールに触ったみんな。サーブの姿勢、足の向き、体の使い方と基礎を徹底的に指導しました。上手くサーブを打つという結果だけを重視せず、ちゃんとボールを見る事、腕の運びをしっかりと体で感じて覚えること、ボールを大切な物を扱うようにとアドバイスがありました。何度も何度も繰り返すうちに、徐々に綺麗なフォームになって自信に溢れた顔になり、瞳が輝いていくのがとても印象的でした。


レセプションも姿勢、構えの基本を指導しました。みなさんから強打レシーブのリクエストに応え、小野コーチが強烈なスパイクを打ち込みました。最後に上手く上げられた子に皆から拍手が送られました。最後に小野コーチから「努力は嘘をつかない、練習が全てに繋がる、自分の目標を明確にして挑むこと、そして感謝することを大切にしてください」とメッセージがあり、笑顔で2回目の指導を終えました。
 
 
【巡回指導〈2〉】 新地町立 尚英中学校
日 程 : 2017年2月4日(土)
参加者 : 尚英中学校(男子10名 女子10名)/ 羽根田先生、渡邉先生
指導者 : 田中直樹(元住友金属ギラソール)中西了将(元NECブルーロケッツ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長・小色尚子  会員 2名(佐藤製線販売株式会社)


巡回指導2回目は田中コーチと中西コーチです。見学に来て下さった会員様も数か月振りに見る彼らの成長に驚いていました。ボディコントロールと体幹の時間では、イメージ通りに自分の体を動かすこと、自分の体を知ることの重要性について中西コーチから指導がありました。キツイ~と言いながら、みんな自分の体を一生懸命、感じていました。


相手からのボールを自分のボールに受けて乗せるというボールの中心を捉えて意識する練習もしました。また、ボールを良く見てボールの下に入ることなど、オーバーパス・トスの基礎の指導をした後は、みんな大好きなスリーメンです。瞬発力の重要性、ボールの動きを読むこと、ディグの構えはゼロにしてフラットな状態で挑むことなど、限られた空間の中で動と静の動きの変化に対して瞬時に判断をして対応することの大切さを伝えました。


田中、中西両コーチそれぞれから、スパイクのフォーム・タイミングについて、また、狙ったところへ打つための意識の持ち方を教えました。聞いているみんなの真剣な目が印象的でした。次に、台を使って、高い所からのスパイクに対してのブロック、ディグ、フォーメーションの指導を行いました。サイドとセンターに台を置いて各コースから多様なスパイクが男女それぞれのチームに合わせて繰り広げられました。


女子はボールへ執着して向かって行くことの意識づけ、男子は守備範囲、逆球の処理に対しての強化に、強打・軟打、フェイントの多様なボールが何度も撃ち込まれました。最後は、セッターだった中西コーチから個別指導や、田中コーチからはスパイクを打つ際に周りを把握する視野の広さ、トスを見ること、リズムの大切さの指導がありました。寒い一日でしたが、沢山の保護者の皆さんの温かさに見守られ、元気いっぱいに2回目の指導を終えました。
 
 
【巡回指導〈1〉】 白河市立白河第二中学校
日 程 : 2016年11月26日(土)
参加者 : 白河第二中学校(女子12名)/杉田先生、邊見先生
指導者 : 斎藤真由美(元パイオニアレッドウィングス)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長・吉野睦美・小色尚子


巡回指導1回目は斎藤真由美コーチです。最初に友情ネットの動画を見てもらい、天谷実行委員長と真由美コーチから1年間、バレーボールを通じて心を繋げて一緒に頑張りましょうと挨拶がありました。


みんなに自己紹介をしてもらいました。好きな事などを自分の言葉で伝え、笑顔いっぱいのスタートです。真由美コーチから1年間を通じ、①ミスを恐れず「あきらめないこと」②仲間と「心を一つにすること」③「ベストを尽くすこと」の3つの約束、普段の気配りがコートに出るので心掛ける事の大切さの話がありました。


遊びを取り入れたストレッチ、ウォーミングアップやサイドステップ、壁を使った練習、ブロック、体幹を意識したオーバーパスの連続練習、連鎖動作を説明しながらサーブやスパイクのフォーム、フェイントの練習と多彩なメニューを交えて指導しました。


生徒からサーブの練習希望があり、コースを狙った練習をしました。標的は杉田先生。生徒に応えたいと真剣な表情でレシーブに挑んでくれました。最後に、真由美コーチから毎日朝食を必ず摂ることの大切さの話しがあり、いつも見守ってくれている保護者へ感謝を込めてみんなで挨拶をし、一回目の指導を終えました。
 
 
【巡回指導〈1〉】 いわき市立 玉川中学校
日 程 : 2016年11月12日(土)
参加者 : いわき市立玉川中学校(女子17名)/小川先生・齊藤先生
指導者 : 内藤香菜子(元NECレッドロケッツ)
同行者 : 事務局/柏正彦・吉野睦美 会員 1名(共栄)


巡回指導1回目は内藤コーチです。最初の挨拶では、バレーボールができる時間をみんなで大切にしながら、中学時代にしかできないことをやってほしい、また会員企業の鈴木様からも、激励のお言葉をいただきました。


はじめは自己紹介&チームメイト紹介からスタートです。内藤コーチも驚くほど、みんなの方からたくさんの紹介コメントが続き、時間切れで終了です。とても明るく楽しい玉川中バレー部には、全員の笑顔が溢れていました。


内藤コーチからは、オーバー、アンダーは毎回基本に立ち返って、練習をすること。フォームの見直しなど、説明がありました。実業団でも行っているというトレーニングメニューの指導もありました。


打点を高くするためのポイントやミートの方法など、肩の使い方、開き方など、スパイクに関する質問に答えながら、細やかな指導をして下さいました。最後に、内藤コーチからは、睡眠や食事の大切さのお話と、親御さんに感謝の気持ちをもってバレーボールをしてほしいと話があり、1回目の指導を終了しました。
 
 
【巡回指導〈1〉】 白河市立大信中学校
日 程 : 2016年11月06日(日)
参加者 : 大信中学校(女子12名)/三森先生、久保木先生
指導者 : 岡野弘子(元岡山シーガルズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長・小色尚子


巡回指導1回目は岡野コーチです。最初にみんなの目標は何ですか?と質問がありました。県大会優勝です!と力強い宣言が。その為に何が必要か、自分の得意な事、苦手な事を知り、苦手な事に取り組むことが一番大切だとゆうこと、チームメイトの得意と苦手を理解することもチームとして大切であると話がありました。


レシーブ、サーブカットが苦手なので克服したいとリクエストがあり、正しい型、腕の面で持って行く事、目線の向け方、予測する事、声の大切さについて指導がありました。みんなも真剣です。


一人一人に一つ一つ丁寧に手の動き、構えなど説明がありました。サーブに対して構えすぎてしまっていたみんな。サーブが来るまで時間があるので最初から構えすぎない事、構えるタイミングについて個々に丁寧に指導しました。


スリーメンではポジション取りの大切さを伝え、スパイクの型やトスを上げるタイミングの練習をし、最後には質問コーナーが設けられました。結果だけでなく過程が大切で、普段から自分たちで意識して練習するクセをつける事の大切さを伝えて1回目の指導を終えました。
 
 
【巡回指導〈1〉】 新地町町立 尚英中学校
日 程 : 2016年10月30日(土)
参加者 : 尚英中学校(男子11名 女子15名)/羽根田先生、渡邉先生
指導者 : 田中直樹(元住友金属ギラソール)
同行者 : 事務局 / 天谷実行委員長・藤野美緒・吉野睦美 会員 5名(佐藤製線販売、イシグロ、山形新興機材等)


初回の巡回指導は、会員企業、保護者の皆さんなど大勢の方に集まっていただきスタートを切りました。友情ネット活動内容動画の後は、天谷実行委員長、田中コーチよりご挨拶。会員企業の林社長からも激励の言葉を送りました。


練習開始後は、田中コーチから何度も集合がかかります。「なぜこの練習をするのか!ひとつひとつ考えて、取り組むこと!限られた時間をいかに有効にできるかが勝負の分かれ目である!」と、繰り返し指導が行われました。


男女別コートに分かれ、3人のシートレシーブ、スパイク練習、後半は乱打ゲームを行いました。ボールが床に落ちるまで、絶対諦めないこと、チームメイト全員で声を掛け合いながら、ボールを繋ぐ練習です。


練習後は、全員一緒に昼食。保護者のみなさんの手作りカレーをご馳走になりました。生徒、顧問、保護者の方々、そして田中コーチに会員企業、事務局で囲む昼食はとても和やかとなり、第1回目の指導を終えました。
 
 
【巡回指導〈1〉】 白河中央中学校
日 程 : 2016年10月23日(日)
参加者 : 白河中央中学校(男子16名 女子24名)/小針先生、田崎先生
指導者 : 小野章三 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局 / 天谷実行委員長・小色尚子 会員 1名(新日鐵住金㈱)


巡回指導1回目、天谷実行委員長からこの1年間で沢山の事を吸収して下さいと話がありました。小野コーチからはバレーに大切な事、約束して欲しい事、感謝を言葉にする大切さを一人一人に語り掛けながらのミニ講座がありました。


サーブ、レシーブ、スパイクについて、正しい姿勢で構える事、打つ事を説明し、みんなも一緒になって小野コーチの「型」を真似して練習しました。説明を聞く真剣な眼差し、姿勢がとても印象的でした。


このプレーの意味は何ですか?質問する小野コーチ。練習一つ一つに意味があり、それは何かを考え理解して行う事、目標を持って練習する事の大切さを伝えました。スリーメンでは強打軟打と繰り広げる小野コーチのボールを一生懸命追いかけるチームメイトに、周りから「頑張れ!」と応援の声がかかりました。


男女2チームに分かれてゲームです。途中から一度にボールが2~3個飛び交うようにして判断や反応を鍛える事をゲームに織り込みました。今期対象校の中で一番人数が多い白河中央中。保護者の方も沢山来て下さり、和やかな雰囲気で1回目の指導を終えました。
 
 
【巡回指導〈5〉】 白河市立表郷中学校
日 程 : 2016年8月06日(土)
参加者 : 表郷中学校 19名 / 山本先生 
指導者 : 小野章三 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局 / 天谷実行委員長、柏正彦、藤野美緒、小色尚子


表郷のラストの指導では玄関に部員全員が整列して小野コーチはじめ、事務局を出迎えてくれました。ラストは楽しくみんなでバレーボールをたっぷりとやりたい!というリクエストで、この日は保護者の皆さんも大勢、参加してくださり、大バレーボール大会を行いました。


3年間一緒にバレーに打ち込んできた3年生チーム、元気いっぱい1年2年の新チーム、保護者で構成された2チームにそれぞれ顧問の山本先生、小野コーチが参戦し、これでもかこれでもかと試合が繰り広げられました。それにしても、保護者のみなさんの本気度がすごい!!暑い中、ファインプレー続出で生徒たちもタジタジです。


最後は山本先生と小野コーチの2人vs3年生の勝負です。3年生はこれが一緒にやる最後の試合、心を合わせて挑みます。山本先生も小野コーチも超真剣。サインを決めて2人きりで6人に気合満点で真っ向勝負!山本先生の正確なトスに、小野コーチの鋭いスパイクが何度も繰り出されました。


最後は表郷中のみんなが協力してくれた動画を見て、3年生一人一人から、1年間を振り返ってお話してもらいました。
天谷実行委員長と小野コーチからは、自分の経験談から、みんなに伝えたい「想い」を伝えさせていただきました。
終了後は保護者の皆さまがバーベキューを用意して下さいました。色んな事を語り合ったり、想い出話をしたり、とても有意義な時間を過ごしました。そして、なんと、スイカ割りも用意して下さってました。何人も挑戦しましたが、なかなか割る事が出来ませんでしたが、最後に小野コーチがみんなから力いっぱいの応援と、素晴らしい誘導を受け、大ヒット!チームプレーが生かされたスイカ割りとなりました。
最後に全員で円陣を組み、小野コーチから生徒のみんなだけにメッセージがあったようです。記念撮影はみんな弾ける笑顔、保護者の方々も一緒にハイポーズ。先生、保護者の方々、そして生徒のみんなの色んな「想い」が詰まった最終回。陰ながら応援してくれてた誰も気づかないところに目を向け、感謝を伝えたいと言ってくれた優しい表郷バレー部。その愛に満ち溢れた想いを大切に、自分を信じて、夢を持って素敵な大人になって下さい。応援しています。
最後は保護者会の皆さまと懇親会で大いに語り合い、1年間を終えました。1年間ありがとうございました。
 
 
【巡回指導〈5〉】 白河市立 東中学校
日 程 : 2016年7月31日(日)
参加者 : 東中学校 20名 / 和田先生、会田先生 
指導者 : 小野章三 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局 / 天谷実行委員長、今野修、小色尚子、藤野美緒

毎回、正門での出迎え、更に体育館前での出迎え、いつも素敵な笑顔をありがとうございます。ラストの巡回指導は小野コーチ。
和田先生はコーチ陣へ常に熱心に質問されていました。バレーボール指導が初めての和田先生でしたが、子供達の為に一生懸命勉強される姿に感動しました。
この日は、産業新聞と鉄鋼新聞の記者さんが取材に来てくださいました。和田先生から「素晴らしい出会いと経験ができ、感謝しています。技術面だけではなく、心も成長したと思います。」 キャプテンから「支えて下さる方々(友情ネットの方、会員企業、家族など)が居るから友情ネットに参加できるので感謝したいです。」と嬉しいコメントがありました。


3年生にとっても部活動ラストの日、1年生から3年生のミックス3チームに分けてゲームをしました。保護者+友情スタッフで1チームを作り楽しませていただきました。大人チームは9人制にしたり、前からサーブさせて貰ったりとハンデをいただきました(笑)


練習後、保護者の皆さんのご厚意で流しそうめんを御馳走になりました。天谷実行委員長・小野コーチ・和田先生は人生初の流しそうめんだったそうです。


最後は花道で見送り、ありがとうございました。素敵なメッセージもありがとうございました。皆さん元気で頑張ってくださいね!!
 
 
【巡回指導〈5〉】 福島第三中学校
日 程 : 2016年7月30日(土)
参加者 : 福島第三中学校 27名 / 長澤先生 
指導者 : 小野章三 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局 /柏正彦、藤野美緒、小色尚子

福島三中のラストの指導は小野コーチです。1年生から3年生まで元気いっぱい、全員、ランニングマンで小野コーチを出迎えて下さいました。仲間思いで、礼儀正しいみんなの姿に私たちはいつも元気をもらいます。早速、新チームの1年生を中心に基礎の基礎を小野コーチから指導してもらいました。
レシーブ、オーバーパスの形、一つ一つ丁寧に正しい姿勢、意味を伝えました。厳しい中に笑いを交えた小野コーチの指導に笑顔がこぼれます。常に上を目指す意識をする事、考える事の大切さを小野コーチからみんなに話がありました。



この日のメインイベント、チーム対抗戦です。3年生はこの日が三中バレー部としても引退式でした。3年間共に目標に向かってきた仲間たちと最後の試合。そして、そこに顧問の長澤先生、小野コーチも参戦してのガチンコ勝負です。
保護者のみなさんが、小野コーチに大きな声援を送って下さり、小野コーチも思わず力が入ります。みんなバレーをすることが本当に好きだ、この仲間たちと一緒にプレーすることが好きだとゆうのが溢れていました。みんな、本当にいい顔してます。プレーを終えた時にそれぞれに声を掛ける姿は人を想いやる気持ち、男の友情を見せてくれました。素敵な空気が体育館いっぱいに広がっていました。


体育館には「ありがとう」メッセージが!小野コーチは一人一人のメッセージを噛みしめる様に読んでいました。指導後は3期をまとめたDVDを見ていただきました。三中は動画にも協力していただきました。思い出を振り返りながら、自分たちが出る度に大きな笑い声が絶えません。
最後に、小野コーチから「皆さんへ伝えたい事」としてメッセージがありました。夢を描く事、目標を持つこと、自分を信じること、そして人を思いやることを大切にして欲しい、支えてくれる家族や周りの人に感謝の気持ちを忘れないこと、そして、バレーを通じてみんなに出会えたことへの感謝の言葉が述べれました。
プレーも心も急成長した福島三中のみんな。この素敵な仲間は一生の宝物になると思います。長澤先生が彼らを思う気持ち、生徒たち以上に真剣で全身全霊で応援していた保護者の皆さん、そこにはいつも明るさと愛情が溢れていました。いつも私達を温かく迎えて下さり感謝でいっぱいです。
最後に保護者会と懇親会をし、想い溢れるお言葉を頂き、涙と笑いで1年間の巡回指導を終えました。三中のみんなは、友情ネット3期の唯一の男子チームとして中心となり、みんなを牽引してくれました。何よりも元気いっぱいで礼儀正しいプレーに指導員や会員他、多くの人が魅了されました。1年間ありがとうございました。これからも頑張れ、いちにの三中!

 
 
【第59回福島県中学校体育大会】 郡山市立御舘中学校
日 程 : 2016年7月23日(土)
参加者 : 郡山市立 御舘中学校 / 新田先生 
事務局 : 事務局 / 天谷実行委員長、柏正彦、小色尚子

福島県大会進出した御舘中学校バレー部を応援してきました。
両親や兄弟姉妹、あばあちゃんや校長先生、そして他校のバレーチームまで、沢山の応援を背に、最高のチームメイトで挑んだ県大会。残念ながら、2回戦突破は叶わなかったけど、一生懸命、「御舘バレー」で挑みました。
他校に比べ、少ない部員数でありながらチーム一丸となって、怪我にも負けず、一つのボールに食らいつき、思いをボールに乗せてチームメイトに繋いでプレーしてる姿は本当に本当に素敵でした。最高の仲間と挑戦するする姿に感動しました。悔し涙はきっと、みんなのこれからの背中を押してくれると思います。感動をありがとうございました。
 
 
【第59回福島県中学校体育大会】 福島第三中学校
日 程 : 2016年7月23日(土)
参加者 : 福島第三中学校 / 長澤先生 
事務局 : 事務局 / 柏正彦、小色尚子


福島県大会進出した福島第三中学校バレー部を応援してきました。
この1年間、他校から追い抜け追い越せ、打倒三中!と言われるほど大躍進し続けてきた三中バレー部。新しいオレンジ色のユニホームを着てチーム一丸となって挑みました。
残念ながら東北大会出場の夢は叶わなかったけど、自分を信じて、仲間を信じて挑戦する姿は本当に恰好良かったです。プレーする選手も、応援する選手も、心の底から魂を込めていて、まさに「三中魂」を見せつけられました。応援していているはずなのに、逆に大切なものを彼らに教えられた気がします。最高のパフォーマンスをありがとうございます。
 
 
【巡回指導〈5〉】 松陵中学校
日 程 : 2016年7月9日(土)
参加者 : 松陵中学校 15名 / 小林先生、川名先生
指導者 : 斎藤真由美 (元パイオニアレッドウイングズ)
同行者 : 事務局 / 天谷実行委員長、柏 正彦、小色尚子、藤野美緒

斎藤真由美コーチによる松陵中学校巡回指導ラスト。顧問の小林先生と今日の指導メニューを打合せ。今のチームに合った指導をできるのも、友情ネットプロジェクトの良いところだと感じながらシャッターを切りました。ケガが多くて…との声に、真由美コーチはストレッチを教えてくださいました。自分の体は自分で守らなければいけないと、現役時代ケガに悩んだ経験を伝えてくださいました。天谷実行委員長と事務局の柏さんも真剣に汗だくで学ばれていました。


体幹トレーニングを教えていただいた際、副顧問の川名先生が軽快な動きを見せてくださって、拍手がおこりました。


1年生のほとんどが初心者のため、パスの基本やサーブの打ち方もしっかりと指導していただきました。
「反復練習で数を質に変えることが出来るように頑張って欲しいです。」と真由美コーチがおっしゃっていました。


5回の巡回指導のうち、4回を担当してくださった真由美コーチ。一番最初の巡回指導で、「自分を知ろう!仲間を知ろう!」 自分を知り、仲間を知り、よりよいチームをつくっていこうとゆうことでした。あれから1年があっと言う間に過ぎてしまいましたが、初めて会った日からの成長が見え、感じられて嬉しかったです。
松陵中の皆さんから素敵な色紙にメッセージが贈られました。真由美コーチも事務局も、涙涙涙のラストになりました。松陵中の皆さん、本当にありがとうございました。
 
 
【巡回指導〈5〉】 御舘中学校
日 程 : 2016年7月3日(日)
参加者 : 御舘中学校 12名/新田先生
指導者 : 上田芳裕 (元サントリーサンバーズ)
同行者 : 事務局/柏正彦、藤野美緒、小色尚子
会員企業/福島ビルテック(株) 1名

巡回指導ラストの第5回目の巡回指導は上田コーチです。
県大会出場を決めた御舘中学校バレーボール部。今日は県大会に向けて多種多様にプレーを見てもらい、細かく指導をしてもらいました。随時、上田コーチから言われたのは「バレーボールは1人が頑張ってするものではなく、チームでするもの。お互いのプレーに対して、もっともっと声を掛けてあげよう。良いプレーは褒めてあげよう。褒められて嫌な気分になる人はいないでしょう。みんなで声を掛け合って心を通わせたチームプレーを心掛けよう」とゆう事でした。
このチームで出来る最後の試合、県大会に向けて、御舘中らしく挑むための心構えを上田コーチが伝えました。


セッターへボールの下に入る速度の指導、アンダーパス、オーバーパス。サーブレシーブ、サーブ、スパイク。
改めて、丁寧に「基本」を忠実に行いました。ただ練習するのではなく、試合に結び付ける練習や、自分たちが何をするために練習をするのか、練習の目的を自分たちで考え、練習する事の大切さを伝えました。
また、スリーメンでは多様なボールを上田コーチから繰り広げられ、ナイスプレー続出でした。チャンスボールのポジショニングの確認をし、最後に2チームに分かれてゲームをしました。上田コーチの高いブロックに最初は阻まれていましたが、果敢に挑戦し、コースを見極めてスパイクを打つなど、御舘の良さが出てきました。


キツイ練習の後は、みんな、素敵な笑顔を見せてくれました。そして、この日、珍事件が発生しました。顧問の新田先生と、事務局の藤野さんを間違えた人が続出で、体育館内で笑いが起こりました。お二人に並んで写真を撮影しましたが、確かに・・姉妹のよう!
指導後には保護者の方々が、なんと、流しそうめんを用意して下さっておりました。前日、山から竹を取って来て手作りしてくれたそうです。みんなでワイワイと楽しく、ごちそうになりました。教室に戻ると、色んな味の沢山のお好み焼きを保護者の方々が焼いてくださっておりました。


生徒の皆さんや先生と楽しく会話をしながら、美味しくいただきました。こうしていつも私たちを歓迎し、おもてなしして下さった御舘の皆様、本当にありがとうございました。先生をはじめ、家族の皆さんが娘さんたちを想い、そして私たちを迎えて下さり、1年間、素敵な時間を過ごさせていただきました。
最後に上田コーチより「バレーボールとは、ボールに想いを込めて、次のプレーヤーにその想いを込めたボールを送り、それを次の人が受け、同じようにして、チーム全員で繋いでゆくものです。誰かを想える事は素敵な事です。どうぞ、その「バレーボール」をして下さい。御舘らしく精一杯、県大会に挑むことを祈っています。頑張ってください」とメッセージを頂きました。
県大会では、御舘中学校にしかできない御舘らしいプレーを存分にして下さい。最後はみんなで集合して記念撮影をして、1年間の巡回指導を終えました。1年間、ありがとうございました。
 
 
【巡回指導〈4〉】 福島第三中学校
日 程 : 2016年6月5日(日)
参加者 : 福島第三中学校 30名 / 長澤先生
指導者 : 上田芳裕・柴小屋康行 (元サントリーサンバーズ)
同行者 : 事務局/小色尚子

第4回目の巡回指導は共にサントリーサンバーズ出身の上田コーチと柴小屋コーチです。190㎝以上の2人が目の前に立った途端、三中の皆さんから、どよめきが。
今回は県北大会の前の指導だったので、今の三中に必要な事などマンツーマンで指導してもらいました。最初にアンダーとオーバーパス、サーブの練習をしました。基本姿勢や、腕の使い方、足の使い方など、一人一人に声を掛けながら指導です。
レシーブでは前後の組になって、レシーブを終えた順に抜け、次の人が前になるというローテーションで練習をしました。前の人が後ろの人にレシーブをお願いする時、自分がレシーブする時の「声」が、ただ「はーい」と発すのではなく、相手に対しての声、自分への意志として声を発する事の大切さについて話がありました。
また、人の話(指導)を聞いて自分のモノにするのか、しないのか、自分でどう考え練習するのか、「意識する事」「考える事」がバレーだけでなく全てに通ずるのだと話がありました。 だんだん自分の声、相手への声が出てき始め、「いい声だよ!いいね!」とコーチからも大きな声が掛けられました。


クロス、ストレートのアタックの練習では2人のコーチが模範を見せてくれました。鋭い打球に歓喜の声が響きます。ネットとの距離の取り方、高くジャンプする練習方法、体の向き、腕の使い方など細部に至るまで指導がありました。模範を見たみんなも勢いに乗ってスパイクの練習です。
次にブロックの練習をしました。ブロックの意味、正確なブロックの仕方などの指導に合わせ、みんなでやってみました。声を出して合わせる事をしましたが、実際試合となると周りが大きな声で自分たちの声が聞こえなくなる事も想定し、新1年生も含めて周りで大きな声を出し、プレーヤーの声をかき消した中で2人で声を出し合い、合わせます。だんだん形も良く、プレーも揃ってきました。


続いてゲームをしました。Bチームに上田・柴小屋コーチ、顧問の長澤先生が入り、レギュラーチームと練習試合です。どちらも円陣を組んで気合を入れます。柴小屋コーチの鋭いクロスやストレート、上田コーチの高く正確なブロックに自分たちらしいプレーが出来ずに負けてしまったレギュラーチーム。すかさず長澤先生から「コーチの胸を借りて何故、挑戦しない?!挑ませようと果敢にやってくれてるんだ、思い切ってぶつかっていけよ!」と喝が入りました。


もう一度、ゲームの開始です。先程と打って変わって自分たちらしいプレーをするレギュラーチーム。柴小屋コーチの鋭打なクロスをブロックで止め、上田コーチのブロックを打ち破るスパイク。ファインプレー続出でレギュラーチームが勝利しました。
最後に柴小屋コーチより「技術をつけるのに時間は掛かるけど、声は直ぐ出せる。声を出すことで自分の意思が出て、相手を思いやる事が出来る。そして意識をするという事。声もそうだけど、意識することで変われる。これはバレーだけではなく、勉強や普段の生活にも表れるものなので、意識することを大切にして欲しい」、上田コーチからは「言われたら直ぐに変われる。やれる事をやらないのはサボっているのと同じ。こうしたい、こうなりたいと自分で考え、そして行動する。「気持ち」が大切。気持ちを大切に大会に挑んで欲しい」と言葉がありました。
また、終わる間際まで、家で出来るトレーニング方法や筋肉について質問が絶えませんでした。新1年生が14人も入部した三中。先輩たちに憧れて入部しましたと元気に話をしてくれました。最後は沢山見守ってくれていた保護者の皆さんも交えて、いつもの「いちにの三中!」のポーズで記念撮影をし、4回目の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈4〉】 白河市立東中学校
日 程 : 2016年6月4日(土)
参加者 : 東中学校 21名 / 和田先生、会田先生 
指導者 : 小野章三 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/藤野美緒

4回目の巡回指導は、小野コーチ。 東中の子供達は小野コーチが大好きで、小野コーチが来ると決まった日から巡回指導を楽しみにしていて、前日からテンションが高くて凄かったと顧問の和田先生や保護者の皆さんが教えてくださいました。


一つ一つの練習について、なぜこの練習をしているのかと質問し、練習の意味を考えさせての指導になりました。指導前と指導後では、動きは格段と良くなっていました。 考えてプレーをする事が大切だとゆうことを学んでくれたと思います。 先生も小野コーチからアドバイスを沢山貰っていました。


サーブの練習では、サーブ前の心の準備、どこを狙ってサーブを打つかなど、細かな指導がありました。 1年生も真剣な表情で、何度も頷きながら聞いていたのが印象的でした。


毎回嬉しいお出迎えと、お見送りをしていただき、ありがとうございます。ウェルカムボードは中央写真左の彼女が書いてくれました。とても上手に書いてくれたので記念写真に照れ笑い。

 
 
【巡回指導〈4〉】 福島市立松陵中学校
日 程 : 2016年5月15日(日)
参加者 : 松陵中学校 14名/小林先生、川名先生(練習試合;郡山市立逢瀬中学校、郡山市立明健中学校)
指導者 : 斎藤真由美 (元パイオニアレッドウイングズ)
同行者 : 事務局/藤野美緒

松陵中学校の4回目巡回指導は、郡山市立逢瀬中学校と郡山市立明健中学校との練習試合へ。コーチは斎藤真由美コーチ。1・2年生へのコーディネーションエクササイズを取り入れて、楽しく体を動かしました。


オーバーパス、アンダーパスの基礎練習と、ボールを打ち込む時のフォームとミートの仕方など、初心者が多かった1・2年生にとっては充実した練習になりました。


松陵中に対しては各ローテーションでのレセプション指導で、互いのボールを拾うエリアの確認をしました。セッターへのトス練習、相手の裏をかく攻撃、センターライトを多く使うように意識してほしいことを指導。


ケガをしている選手が多かったことから、ラスト30分で体幹トレーニングを行いました。 大好きなバレーボールを長く続けられるように、身体を守る強化(自己管理)をしっかり行うようにと、真由美コーチからのメッセージもあり、選手・先生・保護者の方の心に届いたのではないかと思います。

 
 
【巡回指導〈4〉】 白河市立表郷中学校
日 程 : 2016年5月8日(日)
参加者 : 表郷中学校 19名/山本先生、泉中学校 18名、大信中学校 18名
指導者 : 上田芳裕(元サントリーサンバーズ)
同行者 : 事務局/小色尚子

第4回目の巡回指導は中体連を目前に練習試合を見てもらい指導をして欲しいとの要望で、対象校の表郷中に泉中学校、大信中学校がジョイントしての合同で指導が行われました。今回の指導は上田コーチです。「自分達らしいプレーをして1試合1試合、頑張ろう!」と言葉がありました。さぁ、早速、練習試合です。


1セットずつローテーションで練習試合を行い、試合終了後に上田コーチから良かった点、改善した方が良い点など指導をしてもらいました。
「コートの中は6人しかプレーが出来ないんだよ、6人で目と目を合わせて声を掛け合う事。自分たちがどうゆう試合をしたいのか、何をしたいのか、自分たちの意思持つこと。3年生は3年間、苦しい練習をいっぱいして来たんでしょ?試合に負けちゃえば終わりだよ、この仲間で1試合でも多くプレーがしたいよね?そのためにも、自分たちで考えて、自分たちらしいプレーをしよう!」と上田コーチから話がありました。
コートの外ではチームメイトが声を張り上げて一生懸命応援しています。応援団もプレーヤーの一人です。


最後に上田コーチから3校合同でチャンスボールの処理の仕方、ポジションの確認、足の運び方、声の出し方、ポジションの役割や、ブロックの意味、手の使い方、正しい形など、丁寧に指導があり、みんなでポジションを確認したり、ブロックの型を練習しました。


最後は3校一緒に記念撮影です。中体連ではお互いライバルになるみんな。上田コーチから「慌てず、丁寧に、声を出し合って、自分達らしい試合を思いっきりやって下さい!」と激励の言葉をもらいました。表郷中学校は新入生が5名入部しました。先輩後輩がとても仲良く笑いの絶えない良い雰囲気の中、第4回の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈4〉】 郡山市立御舘中学校
日 程 : 2016年5月7日(土)
参加者 : 御舘中学校 12名 / 新田先生、日和田中学校 21名
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)、岡野弘子(元岡山シーガルズ)
同行者 : 事務局/小色尚子 会員/(株)イシグロ 1名

第4回目の巡回指導は小野コーチと友情ネット初参加の岡野コーチです。この日は、日和田中学校と合同で指導いたしました。
最初に小野コーチからホワイトボードを使って今日すべき事の説明がありました。チームワークとは?の質問に「大切な声を出すこと」など必要だと思う言葉が一人一人から出ました。チームワークとは、一人では勝てないもの、そのためにはみんなで頑張る事、そして自分の役割を全うする事が大切だと話がありました。
また、サーブについて、笛が鳴ってから8秒間で出来る事、考える事や、普段の食事をしっかりとる大切さなどの指導がありました。岡野コーチからもみんなで心を一つにする事、人の話を聞く姿勢、返事の仕方など普段の心構えについて丁寧に指導がありました。


早速、御舘中vs日和田中で真剣勝負で試合です。
小野コーチがサーブする位置を指示をし、その場所に狙って打つようにしました。狙った所に確実にサーブを決める事、時間内で考え、集中することの大切さを学びました。
試合の内容を見た後にコーチから「相手チームからボールが返ってくる場所に対してのポジションの取り方」などの指導をしました。現役時代にセッターだった岡野コーチからは、セッターの動きや、ボールに対して入るタイミングなどの指導がありました。コートの脇でチームメイトの応援する声にも力が入ります。


生徒の皆さんからファーストカット、ディグがどうしても上手くいかないという事で、急きょ、コーチ陣と控えのメンバーでチームを結成し、レギュラーチームと対戦形式でやってみることになりました。
岡野コーチのトスに小野コーチの鋭いスパイクが相手コートに突き刺さります。みんな懸命に取りに行こうとしますが、「ボールが見えない」「早すぎる!」、なかなか取ることが出来ません。「取れるまでやるぞ!」と小野コーチも岡野コーチも頑張りました。
最後、やっとレシーブ出来たメンバーに、仲間から拍手が起こりました。今回、参加した日和田中学校さんも同様にディグを経験してもらいました。なかなか出来ない経験に、みなさん大興奮でした。


顧問の先生とコーチ陣、会員様も和気あいあいです。
中体連まであと残すところ1ケ月という事もあり、今回は実際のゲームを見てもらっての指導でした。改めて自分たちの弱いところ、改善するところを見直し、技術だけではない大切な事も伝えさせていただきました。
最後は日和田中チーム、新一年生3名を迎えた御舘中チームと、それぞれに記念撮影をしました。みなさん、中体連頑張って下さい!とコーチ陣からの激励で第4回目の指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈番外編〉】 第一期:只見中学校、第二期:西会津中学校、第三期:御舘中学校 +磐梯中学校、新鶴中学校
日 程 : 2016年3月19日(土)
参加者 : 第一期:只見中学校、第二期:西会津中学校、第三期:御舘中学校+磐梯中学校、新鶴中学校 全57名
同行者 : 事務局/小色尚子

この日、西会津中学校で、友情ネットプロジェクトの1期生:只見中学校、2期生:西会津中学校、3期生:御舘中学校に、磐梯中学校と新鶴中学校の全5校が集結し、練習試合があると聞いて応援に行って来ました。
友情ネットジュニアたちが交流をしながら朝早くから夕方までビッシリと頑張りました。西会津中の保護者の皆さんがランチにカレーライスを作って下さり、みんなで仲良く美味しくいただきました。先生たちも交流をし、笑いがいっぱいの楽しい時間でした。


真剣にボールを繋いでいく姿は真剣そのもの。試合を重ねるごとにチームの結束が強くなっていくのが目に見えて分かります。ファインプレーも続出です。必要な声を出すこと、頑張ったプレーをしてくれたチームメイトに感謝を伝える事、心を一つにすることの大切さを伝えさせていただきました。


最後は5校で集合写真を撮りました。生徒の皆さんも、先生方も素敵な笑顔を向けてくれました。こうして期を超えて友情のネットを広げ交流してくれる事を心から嬉しく思う一日でした。

 
 
【巡回指導〈3〉】 福島市立松陵中学校
日 程 : 2016年3月12日(土)
参加者 : 松陵中学校 9名 / 川名先生
指導者 : 斎藤真由美 (元パイオニアレッドウィングズ)、上田芳裕(元サントリーサンバーズ)
同行者 : 事務局/小色尚子 会員/新日鐡住金(株) 1名

巡回指導3回目は真由美コーチの指導に上田コーチが参加してくれました。グループごとに年末イベントの感想を、また、今の自分の課題を一人一人考えて発表してもらいました。
イベントでは他校のゲームが凄かった事、お世話になった横浜の生徒会の方々が良くしてくれた事など沢山感想が寄せられました。
今の自分の課題では、一人一人発表した後、真由美コーチが1回目の指導の際にそれぞれに聞いた目標や課題が述べられました。1回目より課題が増えていたり、内容が具体的になり、自分の気持ちをハッキリと伝えたりと向上している事が顕著に見られました。また、保護者の皆さんからも子供たち一人一人にメッセージをもらいました。普段はなかなか面と向かって伝えられないメッセージ。子供を想う優しく温かな空気に包まれた素敵な時間でした。
そして、この日は震災5年を迎えた翌日でした。みんなで輪となり、手を繋いで黙祷を捧げました。真由美コーチから「自分を支えてくれる家族、仲間に感謝を忘れず、隣にいる人を想う事を忘れずに日々を大切に過ごして欲しい」と言葉がありました。


上田コーチからはレシーブ、スパイクなど丁寧に指導がありました。セッターの指導は、ボールの捉え方、目線、体の向け方など、一つ一つ分かりやすく、トスの質がどんどん良くなっていきました。笑いを交えての上田コーチの指導にみんなの笑顔が弾けます。


全員がノーミスで3回連続でスパイクを打つという練習にトライしました。何度とミスをしながらも諦めずに挑戦し、みんなで集中して達成しました。真由美コーチから「クリアするだけでなく、質の高い取り組みが大切。練習のための練習はしない」と、達成する事だけでなく、常に挑戦し、高める事の大切さを伝えました。


サーブの練習ではルーティンを決めて打つ事、正しいフォームで相手コートにターゲットを置いて強く打つなどを行いました。震災5年、チームが心を一つにして話をしたり、トライしたり、誰かを想ったりと参加した全員がバレーを通して大切なことを感じながら3回目の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈3〉】 福島市立福島第三中学校
日 程 : 2016年2月26日(金)
参加者 : 福島第三中学校 14名+3年生(女子)3名 計17名 / 長澤先生
指導者 : 千葉進也 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長、小色尚子 会員企業/佐藤製線販売(株)2名 (株)イシグロ 1名/計3名

第3回目の巡回指導は千葉コーチです。この日は会員である佐藤製線販売様、イシグロ様も見学に来て下さいました。
今日の指導はレシーブ、サーブカットを強化したいというリクエストに応え、レシーブを中心に指導しました。千葉コーチがお尻の下げ方、足先の方向など、基本の姿勢に対して徹底的に教えてくれました。お尻が出てしまってたり、後ろに倒れたり・・・。「構えたら目線を動かさない、ボールを取りに行かずに構えて受ける、返したいところにお臍を向けると自然と体が向く」と千葉コーチからレシーブのコツの伝授がありました。千葉コーチの安定した姿勢を見習って正しい姿勢を収得しましょう!


その後はスリーメン、サーブ、スパイクの練習をし、千葉コーチからそれぞれに指導がありました。スリーメンでは強打であろうと、いなしであろうと、どんなボールに食らいつく執念を見せた三中のみんな。たくさんのファインプレーも続出で笑あり、粘りのプレーあり、千葉コーチの多彩なボールに必死に返そうとする姿は素晴らしかったです。
スパイクの練習では、フォームを一人一人に丁寧に指導する千葉コーチ、どんどん良いスパイクになっていきました。会員のみなさんもボール拾いを一生懸命していただきました。


この日、引退した3年生の女子が見学に来たので、一緒に練習に参加してもらいました。
指導を見学した会員様より最後に、見ないうちに背が伸び、一段と上達している三中のプレーに感動し、またボールを拾って渡す度に大きな声でお礼を言う彼らの礼儀正しさに感動したとお言葉をいただきました。会員様もバレーボールを通じてスポーツの持つ素晴らしさ、元気をもらってくれたようです。
千葉コーチからは「バレーボールはいかにボールを落とさず繋いで相手のコートにボールを落として点数を取るというスポーツ。良いレシーブを上げてくれる人がいるから良いトスが上がる、良いトスを上げてくれるから良いスパイクが打てる。決して一人では出来ないスポーツです。コートの6人全員が一つになってボールと心を繋いで頑張って下さい」とメッセージをもらいました。
最後は「いちにの三中!」のポーズで記念撮影をし、三回目の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈3〉】 郡山市立御舘中学校
日 程 : 2016年02月14日(日)
参加者 : 御舘中学校 9名+4名(3年生)+小学6年生3名(新入部員予定)/新田先生
指導者 : 田中直樹(元住友金属ギラソール)
同行者 : 事務局/小色尚子

第3回目の巡回指導は田中コーチです。この日は、引退した3年生が4名、4月に入部予定の小学校6年生の3名が参加してくれました。まずは基礎からとレシーブの練習です。ネットに当て、次のメンバーへと落とさないように順々に続いていきます。目標は50回連続!


田中コーチがみんなに質問、「レシーブに必要な事は何?」「・・・・」「あれ?何も考えないでやってるの?ちゃんと頭で考えてやろう!みんな「機械」になってやろう。」 機械になろうとは、どんなボールに対しても、常に正しいフォームでボールに向かう事。構える形、足の運び、筋肉の使い方の説明がありました。「ちゃんと理解しないと、自分のものにはならないよ。ちゃんと考えて、集中してやる事を忘れないように」とアドバスがありました。


徹底的にレシーブの練習をした後はスパイクの練習です。タイミング、フォーム、そしてセッターはトスと、プレーを一度止めて、大切な事を一つ一つ、みんなに質問を投げかけながら説明していきました。「疑問に思う事、考える事、そして理解する事が大切。」声を掛け合う事、大切な声の必要性についても熱く指導がありました。


最後はレギュラーメンバーでフォーメンションやチャンスボールへの対応について指導がありました。「バレーボールはチームスポーツ。失敗した人をフォローすること、励ますこと。チームメイトがプレーを決めたら褒める事。バレーボールが持っている人間性を君たちに味わって欲しい、感じて欲しい。応援しています。」と田中コーチからのメッセージがありました。また、この日はバレンタインデーでした。集合写真はハートのマークを作って3回目の指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈3〉】 白河市立表郷中学校・白河市立東中学校(合同)
日 程 : 2016年2月7日(日)
参加者 : 表郷中学校 16名(3年生1名)/山本先生、東中学校 8名/和田先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)・上田芳浩(元サントリーサンバーズ)
同行者 : 事務局/小色尚子

第3回目の巡回指導は共に新白河にある表郷中・東中の合同で指導が行われました。この日は小野コーチと上田コーチの二人が指導に来てくれました。みんな、元気よく頑張りましょう。


早速、ウォーミングアップと基礎練習です。サーブ、アンダー、オーバーなど、腕の上げ方、フォーム、足や腰の使い方、ボールをミートさせることなど、各コーチが一人一人を見て指導しました。


次は学校対抗戦です。試合ごとに注意するところ、良かったところを各コーチに指導してもらいました。チャンスボールの時のポジションの確認、サーブの攻撃の仕方、ナイスプレーが出た時の声掛け、相手を見て攻撃することなどコーチが的確に厳しく丁寧にみんなに伝えます。指導されたことを次の試合に生かしながら計5回の試合をしました。


ラストは急遽、スペシャル企画!コーチ2人と各校の顧問の先生vs各校と試合をしました。珍プレー好プレー続出。真剣な友情ネット軍団、やはり子供たちには負けられません。


最後は両校一緒に記念撮影をしました。今回は総勢24名と普段の部活とはまた違った雰囲気の中、生徒のみならず、先生達も一緒にバレーを楽しみました。両コーチからアドバイスされた内容をしっかりとこなし、表郷中も東中も自分達らしいパフォーマンスが出来るように頑張りましょう!

 
 
【巡回指導〈2〉】 白河市立東中学校
日 程 : 2015年11月29日(土)
参加者 : 東中学校 9名 / 和田先生
指導者 : 上田芳裕 (元サントリーサンバーズ)
同行者 : 事務局/小色尚子 会員企業/高田産商(株) 1名、新日鐡住金(株) 1名

第2回目の巡回指導は上田コーチです。玄関に迎えに来てくれたみんな。背の高い上田コーチに思わず「うわぁ、大きい!」と声が上がりました。今日は一つ一つ基礎をシッカリとやってみましょうと上田コーチからお話がありました。
早速、オーバーパスの練習です。腕の上げ方、ボールの捉え方、ボールをしっかりと見る事などアドバイスしてもらいました。腕を下げない状態でパスをし合いました。だんだん腕がつらくなるけど、しっかりとフォームが決まって来て、上手にパスが出来るようになってきました。


次はアンダーパスの練習です。腰の高さ、膝の使い方、腕の伸ばし方、ボールの送り方、あごの高さ、必ずボールを正面で受けることなど、細かく指導されました。返したいところに「丁寧」に返すこと。一つ一つのプレーを「そうしよう、こうしよう」と自分の中で意識しながら練習を重ねる事をアドバイスされました。だんだん丁寧にきれいに出来るようになると上田コーチの「いいよ!とってもいいよ!」と大きな声が体育館に響きます。プレーと共に表情がどんどん明るくなっていきました。


次にサーブの練習です。腕の使い方、姿勢のチェックが入ります。それでも、どうしてもネットが越えられない・・・。「あぁ・・」1球打つ度に落胆するみんな。上田コーチから「ミスをミスで過ごさない!ミスをしないようにするには、どうしたらいいのか。しっかり出来るか出来ないかを1球1球意識して練習をしよう」と声がかかりました。
3球連続でサーブを入れる課題に、なかなか達成出来なかったけど、出来た時の姿勢や感覚に意識を集中させて打ち込みます。最後の一人が達成出来たとき、みんなから大きな拍手が起こりました。「そう、決して出来ないんじゃない、君たちは絶対に出来るんだよ」と上田コーチから励ましの言葉をもらいました。


ステップの練習、アタックのタイミングなど、練習した後は試合の時のチャンスボールの処理の仕方をローテーションごとに指導してもらいました。チャンスボールは必ず正面に入ってカットする事。丁寧に返す事を徹底的にやりました。会員様もボール拾いをしてくれたり、ステップやジャンプなど、一緒に体感して下さいました。
上田コーチから「バレーボールは、心を込めて想いを込めて、相手にボールを届けるスポーツ。一人では決してできない。相手のナイスなプレーは「ナイス!」と褒めてあげる、良いパスが来たら「ありがとう」と感謝する。そして、またそのボールを次の人に届ける。ボールを繋ぐことは、心を繋ぐ事なんだ。やれば出来るんだ、意識することで変われる。頑張って」と言葉を頂きました。次回までどう変わっているかを楽しみに2回目の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈2〉】 郡山市立御舘中学校
日 程 : 2015年11月28日(土)
参加者 : 御舘中学校 9名 / 新田先生 +緑ヶ丘中学校、逢瀬中学校
指導者 : 上田芳裕 (元サントリーサンバーズ)、伊東克明(元FC東京)
同行者 : 事務局/小色尚子 会員企業/日本鐵板(株) 1名

第2回目は、同じ郡山市立の緑ヶ丘中学と逢瀬中学と3校での合同練習を、上田コーチ、伊東コーチの2名が指導しました。
まず最初にオーバーパスの練習です。上田コーチと伊東コーチが見本を見せてくれました。丁寧で正確な二人のプレーにみんなから歓声が。ボールを受ける形、位置など、コーチたちからアドバイスしてもらい実践しました。


次はアンダーパスです。姿勢、体の軸、腕の動かし方の説明をしました。みんなの聞いている顔も真剣です。3メン方式で、ボールを落したらチェンジです。みんな落とさないように一生懸命ボールに喰らいついていました。「返したい場所に返すのって難しいけど、丁寧に練習するよう」にとアドバイスをもらいました。


さぁ、スパイクの練習です。早速、上田コーチ、伊東コーチが見本を見せてくれました。二人とも空中に留まる時間が長く、ボールに対してジャンプするタイミング、ミートする音などを見て、みんなの「うおぉ~」という声が体育館に響き渡りました。二人のプレーを見てモチベーションが上がった気持ちのまま、頑張ってスパイクを打ちました。みんな上手に打てたかな? サーブの練習もしました。目線、ひじの高さなどアドバイスをもらって実践です。


5回連続サーブが成功したら休憩という課題を出されたみんな。なかなか5回連続とはいかず、苦戦しましたが、きれいなサーブが打てた時の感覚を大切に何球も頑張りました。サーブをただ打つのではなく、練習でも必ず決めるぞという気持ちを1球1球に込めてサーブの練習をすること、何度も繰り返して決めるサーブが自分の体に染みこむくらい練習をすること、とアドバイスをもらいました。
この日はとても寒い日でしたが、会員の日本鐵板さんも一生懸命見学して下さいました。今回、参加してくれた緑ヶ丘中学校、逢瀬中学校のみなさんも楽しんでくれたようです。御舘中学校も元気いっぱい。涙あり、笑いあり、みんなでバレーボールを通じて交流を深め、2回目の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈2〉】 福島市立松陵中学校
日 程 : 2015年11月20日(金)
参加者 : 松陵中学校 9名 / 永山先生、川名先生 
指導者 : 千葉進也(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長、藤野美緒

松陵中学校の2回目巡回指導、コーチは千葉進也(元堺ブレイザーズ)コーチ。アップ、パスのあと、千葉コーチによる強打レシーブと三人レシーブ。松陵中の選手達は、一球一球真剣にしっかりと受け、周りの選手たちは声を出していました。コーチも選手も汗だくです。


サーブ練習での千葉コーチは、選手のサーブをしっかりと見てから、ひとりひとりにポイントのアドバイス。 コーチのワンポイントアドバイスは選手達にとって魔法の言葉のようで、次のサーブに確実に生かされているように感じます。 サーブレシーブの練習では、レシーブの構えをしっかりとすること、サーブがくる時しっかりと見て判断できるようになることを伝えていました。


スパイクの練習では、左手が下げないようにすることを伝えていました。部員数は少ないけれども、一人一人が自分の役割を果たして、チーム一丸となってボールを繋いで頑張ってほしいです。帰りは花道で見送ってくれました。千葉コーチが大きい体を頑張って小さくしてみんなの気持ちに応えました~!!

 
 
【巡回指導〈2〉】 福島市立福島第三中学校
日 程 : 2015年11月15日(日)
参加者 : 第三中学校 16名 / 長澤先生 
指導者 : 田中直樹 (元住友金属ギラソール)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長、藤野美緒

福島第三中学校巡回指導2回目は、田中直樹コーチ(元住友金属ギラソール)が準備してくださった「バレーボールは人間をつくる」という文章をキャプテンが読み上げることから始まりました。 レシーブの時、アタックの時、どのタイミングでどのようにボールをとらえるのか、ひとつひとつ丁寧に指導してくださいました。三中バレー部男子は、田中コーチの言葉をとても素直に、そしてスポンジのように吸収して、次のプレーに生かしていました。


福島第三中学校の選手達は、田中コーチからの質問に対して的確に回答ができ、考えてプレーができるチーム。ファーストプレーに対する反応が良いので、セカンドプレーの時に選手間の声掛けをしっかり出来るようになれば、もっと良いチームになると田中コーチは感じられたようです。  『頑張れ!!福島第三中学校!!』


保護者の皆様、本日も温かいお心遣いとご協力ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 
 
【巡回指導〈2〉】 白河市立表郷中学校
日 程 : 2015年11月15日(日)
参加者 : 表郷中学校 14名 / 山本先生
指導者 : 小野章三 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 小色尚子

巡回指導第2回目は小野コーチ指導です。教室に移動し、基本技術の勉強会からスタートしました。正しい姿勢でのサーブ、レシーブなど、小野コーチが画像を見せながら説明しました。なぜ正しい姿勢が大切なのか?など丁寧に説明がされました。
では早速、体育館に移動して実践してみましょう!まずはレシーブから。小野コーチから激あり、笑いありの中、一人ひとりの姿勢をチェックしました。正しい姿勢できましたか?


さて、実践です。正しい姿勢でレシーブすることで、初めは返す場所まで距離が短かったり、曲がったりしてましたが、徐々にきれいに返せるようになってきました。
次はサーブです。足先の方向の確認、ボジショニング、一人モデルになってもらい正しいフォームの勉強です。姿勢が決まるとボールがコントロールしやすくなり、真っ直ぐに、力強いボールが打てるようになっていきました。


フォームを学習した後、みんなで実践してみます。みんなの表情も真剣です。次にみんなからのリクエストでスパイクを指導してもらいました。もちろん、フォームの確認から。その後、小野コーチのトスでスパイクを打って行きます。ドンドンスピードを上げて大きな声で掛け声をかけていく小野コーチ。みんなのモチベーションもアップして、自然とフォームもドンドン良くなっていきます。


ラストはなんと、みんなから小野コーチに強打レシーブのリクエストです!きゃーきゃー言いながらも喜んで果敢に挑むみんな。もっと受けたい!と2度並ぶ子も出て小野コーチもタジタジです。
最後に、ウォーミングアップも練習も流してやるのではなく、意味のある練習をして、習慣づける事。君たちは、やれば出来るんだよ!と小野コーチからアドバイスがありました。帰るまで沢山の質問が飛び交う中、第2回目の指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈1〉】 郡山市立御舘中学校
日 程 : 2015年10月28日(水)
参加者 : 御舘中学校 10名 / 新田先生、菊地先生
指導者 : 千葉進也 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長、吉野睦美

巡回指導 第1回目。名取で一度お会いできているので、体育館に到着した私たちを、皆さん満面の笑顔で出迎えてくれました。
まず始めに、天谷実行委員長・千葉講師からご挨拶。そしてDVD鑑賞。みんなとても真剣な表情で画面を見入っていました。来年はみんながこのDVDに登場しますよ!と話す天谷委員長に、みんな、笑顔で応えてくれました。


ウォーミングのアップの後は、千葉コーチによる、シートレシーブ。1本でも落としたら、すぐに交代という厳しい練習です。
強打、軟打、いなし、ワンタッチと…ありとあらゆるところに飛んでくるレシーブ指導は、回を増すごとに、どんどん楽しくなっていきます。3人で声を掛け合い、みんな必死にボールに食らいつきます。たくさんのファインプレーが続出!


新田先生のお話をきいて、それにあった練習メニューを千葉コーチが実践します。
スパイク練習では、身体の軸をぶらさないこと、空中で左手を畳み込むことで、スウィングに勢いをつけることを教わりました。さぁ!実践です!!上手くできるかな。
中学生の練習を見学にきてくれたジュニアチームの子ども達も、一緒にスウィングの練習をしていました。


練習後のミーティングでは、千葉コーチから、コートの中で声をかけあうことの大切さや、一日一日の練習への取り組み姿勢についいて教わりました。次回までに、またどのように変わっているか楽しみです。
第1日目の巡回指導には、保護者のみなさん、ジュニアバレーの小学生の皆さんが駆けつけてくれて、とても賑やかな雰囲気で、終了しました。

 
 
【巡回指導〈1〉】 白河市立東中学校
日 程 : 2015年9月27日(日)
参加者 : 東中学校 9名 / 和田先生、会田先生 
指導者 : 小野章三 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長、藤野美緒

白河市立東中学校の第1回目の巡回指導は、天谷実行委員長から友情ネットについてご説明、講師紹介、DVD鑑賞をしたのち、小野コーチの基礎講習会(指導法、練習法、モチベーションの在り方)でスタートしました。
東中学校の子供達も顧問の先生方もバレーボール初心者ということもあり、基本を知って貰うためにと、小野コーチが資料を準備してくださいました。
子供達は良いイメージを頭に入れようと真剣に聞き、先生方からは子供達の為に指導方法を学ぼうという強い気持ちを感じました。


オーバーパス、アンダーパス、レセプションまでの基本姿勢と動き方の練習。レシーブの基本練習パターン(サイドステップ、大きな声、ボールの捉え方)の練習。サーブの基本姿勢や打ち方の練習。
基礎講習会で小野コーチから説明があった動きをイメージし、確認しながらしっかり練習をしていました。


東中の皆さん、校門での嬉しい出迎えと、温かいメッセージをありがとうございました。
 
 
【巡回指導〈1〉】 福島市立福島第三中学校
日 程 : 2015年9月13日(日)
参加者 : 福島第三中学校 16名+3年生4名 計20名 / 長澤先生
指導者 : 小野章三 (元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長、小色尚子:会員企業/(株)イシグロ、新日鉄住金(株) 3名

第1回目の巡回指導は小野コーチ。会員であるイシグロと新日鉄住金の皆さんも見学に来て下さいました。最初に天谷実行委員長より教室で生徒・先生・保護者の皆さんにプロジェクトについてのご説明、会員様紹介、DVD鑑賞、講師紹介をさせていただき、体育館へ移動しての指導となりました。
小野コーチの伝えたい「想い」に、生徒のみんなは真剣に聞いていました。また、沢山の保護者の方がお揃いのピンクのTシャツを着て参加してくださいました。そして、この日は既に引退した3年生の4人も参加してくれました。


小野コーチより、指の関節の説明、手の使い方、トスの時の腕や足の使い方、レシーブの姿勢など細かく丁寧に、時に厳しく説明しました。みんな真剣に聞いていましたが、必ずどこかに笑いがある、笑顔の絶えない指導となりました。


小野コーチがホワイトボードを使って、レシーブについて丁寧に説明しました。
いかにボールに体を正面にして受け取るか、軸をしっかりする事。紐を使い、どこに居てもボールと正面になるように体で覚えます。そして早速、実践してみました。サイドステップを取り入れながら左へ右へ、どこでも真正面からボールを受け取る練習です。


休憩中に小野コーチから強打レシーブスを受けていた子を見て、みんなが自分も!と全員が、小野コーチの強打を受けることになりました。
みんなの積極的な気持ちを受けた小野コーチでしたが、20名への何球もスパイクで、さすがに汗だくになっていました。最後にスリーメンをしました。決して諦めず、ボールに懸命に喰らいつくチームメイトに、周りの生徒たちから自然と大きな声援が沸き起こりました。仲間が頑張ってる姿を一緒の気持ちで応援する、仲間を思いやる優しい第三中学校の男子バレー部です。
保護者の方々も、子供たちの生き生きした姿を熱心にご覧になっていました。顧問の長澤先生も生徒の傍らで耳を傾け、一生懸命にメモを取っていました。小野コーチより宿題を出され、また次回会うときまでに、しっかりとやる約束をして、笑顔で第一回目の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈1〉】 白河市立表郷中学校
日 程 : 2015年9月12日(土)
参加者 : 表郷中学校 15名 / 山本先生
指導者 : 上田芳裕 (元サントリーサンバーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長、小色尚子:会員企業/新日鉄住金(株) 1名

巡回指導 第1回目のこの日、教室で生徒・先生・保護者の皆さんに「友情ネットプロジェクト」についてご説明、講師紹介、DVD鑑賞をしたのち、体育館へ移動し指導となりました。
体の大きな上田コーチに生徒のみんなから身長や足のサイズなど質問があり、和気あいあいとスタートしました。
上田コーチがレシーブ、トス、サーブとデモンストレーションをし、基礎を丁寧に皆さんに伝えました。みんなも真剣に耳を傾けていました。


さぁ、実践です。ただ受けたり打つのではなく、ボールを丁寧に扱う事、次の人にちゃんと届ける事。上田コーチが大切な事を伝えます。はじめは緊張していたみんなも笑顔が出てきました。
ちょっとしたポイントを伝えただけで、みるみる上達していく姿に上田コーチが「そう!いいよ!」と褒めます。ひとりひとり、自信に満ちた表情になっていきました。


次にブロックの練習です。
普段の練習を見せてもらった上田コーチからストップが。やっているのはブロック練習の練習、ステップと飛ぶだけの練習だと指摘されました。「練習するなら「必ずブロックするぞ!止めるぞ!」とスパイクが来る事を想像して練習をしよう。それが練習なんだよ。」その言葉に子供たちの表情が真剣になりました。
その後、意識して想像してブロックの練習をしました。先ほどの練習からまるで身長が15センチ伸びた、そんな錯覚さえするほど見違えた練習となりました。


スパイクの練習で手の動かし方、セッターの子はボールに対しての体の向き方、足の動かし方、ボールの下への入り方など上田コーチがひとりひとりに丁寧に説明しました。
最後に上田コーチより「今日、君たちは急に身長が伸びたりジャンプ力がついた訳じゃない。僕が魔法をかけたわけじゃない。君たちの意識が変わっただけで、こんなに変わったんだよ。どんどん良くなる、これからも頑張っていこうね」とお話がありました。この日は多くの保護者の方々もお揃いのポロシャツを着て出席して下さり、子供たちが変わってゆく姿に目を細めていました。
また、顧問の山本先生も熱心に指導に耳を傾けていました。また次回、どのように変わっていってるか楽しみに、第一回目の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈1〉】 福島市立松陵中学校
日 程 : 2015年9月5日(土)
参加者 : 松陵中学校 9名、 松陵中OB 3名 (計12名) / 永山先生、川名先生
指導者 : 斎藤真由美 (元パイオニアレッドウイングズ)
同行者 : 事務局 / 吉野睦美、 藤野美緒


友情ネットプロジェクト3期目がスタートしました。
巡回指導第1回目の福島市立松陵中学校の皆さんは、少し緊張した様子で出迎えてくださいました。教室で友情ネットについてご説明、講師紹介、DVD鑑賞をしたのち、体育館へ移動しました。
真由美コーチが一番最初にしたことは「自分を知ろう!仲間を知ろう!」 自分を知り、仲間を知り、よりよいチームをつくっていこうとゆうことでした。


セッターポジションへ確実に返球することが大切。1球1球真剣に集中して頑張っていました。
仲間が正確にできると自分も頑張ろう!!とお互いに良い刺激になっていました。一人一人が上達していく様子を見ることができました。
真剣に練習に取り組んでいるのですが、真由美コーチから教えていただく練習が楽しいようで、時々見せる笑顔や瞳が輝いていました。


ブロックの練習では、真由美コーチからブロックの種類や、ジャンプ後の足の運び方や体の動かし方などもひとつひとつ丁寧な指導がありました。
バレーボール経験者が少ない松陵中のメンバーは、真由美コーチの一言一言を聞き逃さないように集中し、バレーボール指導が初めての顧問の先生は、子供達の為に自分が出来ることを学ぼうと、一生懸命メモをとっていらっしゃいました。


この日は、松陵中男子バレーOB(現在は高校でバレー部所属)の2人も練習をサポートしてくれました。
保護者の方でバレーボール経験者の方もサポートしてくださいました。経験者が少ない松陵中バレーボール部ですが、顧問の先生や保護者やOBに支えられて、一丸となって良いチームになっていくだろうと感じました。
真由美コーチが円陣を組みますと声を掛け、心ひとつにして第1回目の巡回指導を終えました。

 
 
【巡回指導〈5〉】いわき市立湯本第三中学校
日 程 : 2015年7月28日(火)
参加者 : 湯本第三中学校 12名 / 伊藤先生、宮澤先生
指導者 : 内藤香菜子 (元NECレッドロケッツ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長、吉野睦美、小色尚子:会員企業/共栄(株)、日鉄住金鋼板(株)2名


最終回の巡回指導も、毎回恒例の、開会式からスタートです。
今回の進行は、坂田さん。少し緊張しながらも、とても丁寧に進行してくださいました。
当日は、天谷実行委員長、そして会員企業の皆さんも応援に駆けつけてくださり、湯本三中バレー部にエールのお言葉をいただきました。
今日で最後なんだなぁと…いろいろな想いがこみあげてきます。


最終回の指導は、内藤コーチが12人全員の質問や疑問に答える形で行いました。
「オーバーパスですぐボールをもってしまうのはどうしたらなおりますか」
「前に落とすサーブの打ち方を教えてください」
「アタックで相手のレフト側に打つのはどうしたらいいですか」
「緊張をしなくなるには練習は」など、思い思いの質問がたくさんでました。


内藤コーチはひとりひとりに、分かりやすく指導をしてくれました。自分の質問に対して、一生懸命に指導してくれるコーチをみる、みんなの瞳がキラキラと輝いていました。
またそれを、顧問の先生や保護者、会員企業の皆さんが温かく見守っておりました。1年前に出会ったときは、期待と不安が入り混じった様子の湯本三中…日一日と、成長し続けています。


練習後には、内藤コーチの講話と現役時代のDVDを見せてもらいました。
選手時代のプレー集は、とてもカッコよくみえましたが、その裏には、たくさんの苦労と努力があることを話してくれました。いつも笑顔の内藤コーチにも、数多くの試練があったことに、みんな驚いていました。
最後には、湯本三中バレー部を支えてくださる皆さんで記念撮影。1年間、本当にありがとうございました。

 
 
【巡回指導〈5〉】南相馬市立原町第二中学校・川俣町立川俣中学校
日 程 : 2015年7月20日(月)
参加者 : 原町第二中バレー部 20名、川俣中バレー部 16名 全36名/星先生(原町) 浅田先生(川俣中)
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/小色尚子


原町第二中で行われたラスト指導は原町第二・川俣の合同で行われました。
友情ネットがきっかけで交流を深めた両校合同での指導はこれが2回目。小野コーチの入場を拍手で迎えてくれました。


部活を引退した3年生も参加。学校をミックスしたチームを作り、みんなでゲームを行いました。みんな楽しもうね!!


保護者チームも両校のミックス。両校の先生も参戦のスペシャルチームを結成。審判もしっかりジャッジ、お願いね!


さぁ、ミックスチームで試合開始!3年生は引退試合です。みんなラストゲーム、頑張って!


小野コーチが円陣を切って喝を入れてくれました。初めてのチームでも、ファインプレー!みんな楽しそう!


原町第二の先生・保護者(左)、川俣の先生・保護者(右)も子供たちのプレーを見て本当に嬉しそう。親と子と一緒に楽しめるって素敵ですね♪


こうして他校のみんなと一緒に楽しんで友情の輪が広がる、まさに友情ネットですね。終始、みんな本当に楽しそう。


小野コーチの指導はいつも、みんなを楽しませてくれます。みんな大笑い。
負けたチームは罰ゲームで腹筋50回!苦しいはずだけど、なぜか楽しそう。


3年生は これが中学校最後の試合です。3年間頑張った成果をボールに込めます。真剣に頑張る姿、とっても素敵です。


強烈なスパイクが決まって、ハイタッチ!!「夢」の原町第二と「雑草魂」の川俣のTシャツが交わっていても違和感のないチームワーク。


さぁ、お待ちかね!両校の保護者ミックス&小野コーチのチームと対戦です!お父さん、ナイスブロック!!


ファインプレーにハイタッチ!!暑い中、みんな頑張って下さいました。小野コーチのスパイクも炸裂!みんな見惚れてました。


いよいよ、顧問の先生たちも入ったスペシャルチームで挑みます。小野コーチのスパイクに負けじと、川俣の浅田先生の強烈スパイクが炸裂!
子供たちも思わず「先生すごーーい!」浅田先生、カッコ良かったですよ!


終始、和やかに試合を楽しみました。暑い暑い一日だったけど、沢山の笑顔が溢れ、素敵な想い出ができましたね♪


集合写真は左が川俣中学校、右が原町第二中学校。みんなイイ笑顔してます!


最後は両校揃ってハイポーズ!保護者の皆さんも交えて総勢55名。両校にとって楽しい楽しい一日となりました。


試合後には2期目のムービーを皆さんに見ていただきました。そして、小野コーチからみなさんに伝えたい想いを話させていただきました。
感謝する事を忘れずに、沢山の事を学び、強い心の大人になって下さい。また会える事を楽しみにしています。


川俣キャプテン、原町第二キャプテンより、小野コーチへ感謝の言葉を頂きました。そして、両校よりコーチと友情ネット事務局へ素敵な色紙を頂きました。素敵なメッセージの数々ありがとうございます。


最後は両校全員で花道を作って見送ってくれました。小野コーチも一人一人の顔を確認しながら、花道を通らせていただきました。

いつも迎えと帰りに人文字を作って歓送迎してくれた川俣のみんな。いつも楽しみにしていました。
ガッツあるプレー、とっても魅力でした。

同じ学年だけのチームだった原町第二のみんな。地区大会で最後に笑顔で試合に挑めたこと、とても素敵だと思います。
これからも笑顔を忘れずにね。

両校の保護者の皆様、大変お世話になりました。
そして、こうして友情ネットを通じて交流してくださった事、私たちは本当に嬉しく思います。また再会しましょう!また会える日まで!!!

 
 
【巡回指導〈5〉】福島市立 信夫中学校
日 程 : 2015年7月12日(日)
参加者 : 信夫中バレー部 男子、女子 全51名/佐藤先生、宮田先生、高橋先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長・藤野美緒・小色尚子


友情ネット・ラスト指導のこの日は部活を引退した3年生も参加。
男女別にチームを作り、みんなでゲームを行いました。みんなで楽しい想い出作ろうね!


小野コーチに激励をもらう男子。明るく仲良しの男子チームは笑いが絶えません。
3年女子チームはユニフォームを着て気合充分!小野コーチを囲んでハイポーズ!ラストの試合、みんな頑張って!!


一球一球、真剣に、そして楽しく。信夫中らしい笑顔あふれるゲームとなりました。みんな、本当に楽しそう♪


お父さんたちと小野コーチの「スペシャルチーム」を結成!円陣を切るお父さんたち、カッコイイ!「息子たち、負けないぞ!」


小野コーチも真剣なサーブでサービスエースを連発!チームワーク抜群なお父さんたち。ファインプレーにハイタッチ、笑顔炸裂。みんな楽しそうです♪


女子チームにはお母さんたちに加え、顧問の高橋先生が参戦!
高橋先生のスーパーナイストスに小野コーチの鋭いスパイクが炸裂しました。白熱した楽しい試合となりました。


試合後に2年目の活動ムービーを皆さんに見ていただきました。みんな真剣に見てくれました。
参加したイベントを思い出しながら、自分たちが映ると歓声が沸き起こりました。「僕だ!」「私だ!」「東京、楽しかったよね!」


最後に天谷実行委員長より、みんなにプレゼントが。保護者の皆さんには耳を塞いでもらい、みんなにだけお話がありました。 みんなお家に帰ってからプレゼントを実行したかな?小野コーチからもみんなに伝えたい想いをお話しさせていただきました。 男の友情を誓ってガッツポーズです。


ラスト指導の後にお母さんたちがカレーライスを、お父さんたちはBBQを用意して下さいました。運動の後のご飯は美味しい! みんな美味しくいただきました。保護者のみなさん、用意くださりありがとうございました!!


友情ネットプロジェクト発足のきっかけを作ってくれた渡辺さんもラスト指導と聞いて、顔を出して下さいました。
その時小学校だった2人の親子とハイポーズ。まさか友情ネットで出会えるとは思ってませんでしたね。
バレーボールの素敵な色紙に小野コーチからサインをもらいました!


高橋先生、小野コーチと一緒にハイポーズ。みんな本当にイイ笑顔!!楽しさが伝わってきます。
小野コーチよりみんなにエールが送られました。


大人気の小野コーチとピース! 34℃を超える中、頑張ってくれた小野コーチの肩を揉んでくれました。「うぅ~気持ちいい~。キクー!」 お笑い担当?の4人でハイポーズ。楽しすぎて笑いがこらえられな~い♪♪


バレー部51名、保護者18名、お子さん4名でハイポーズ!みんな素敵な笑顔です。保護者の皆様、大変お世話になりました。
みんな、1年間ありがとう!!!これからも仲良く明るく頑張って下さいね!


最後に天谷実行委員長、小野コーチを花道で送ってくれました。みんな本当にありがとう~!!!!!


玄関でハイポーズ! 車が見えなくなるまで、ずっとずっとずっと手を振って見送ってくれました。
信夫中のみんな、男女も仲良くてみんな明るくて素敵なチームでした。これからも頑張ってね!
みんなまた会える日まで!!!

 
 
【巡回指導〈5〉】西会津町立 西会津中学校
日 程 : 2015年7月9日(木)
参加者 : 西会津中バレー部 女子23名/鈴木先生
指導者 : 千葉進也(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局/天谷実行委員長・小色尚子 会員:安藤修一氏(株式会社カナメ)


ラスト指導は千葉コーチ。西会津中は県大会出場を果たし、この日は天谷実行委員長も激励に同行しました。
校長先生が1年間のお礼に来て下さいました。心に沁みる、とてもありがたいお言葉を頂きました。
天谷実行委員長より県大会で勝利して欲しいとお守りを鈴木先生にプレゼントさせていただきました。
「県大会、頑張って下さいね!応援してます!」


千葉コーチがみんなのプレーを見ながら、ひとつひとつ丁寧に指導します。的確な指導を聞いているみんなも真剣そのもの。


千葉コーチにスリーメンを徹底的にやってもらいました。みんな、どんなボールにも食らいついていきます。
キツイけど笑いあり、とっても楽しく練習しました。


この日は西会津のケーブルテレビさんが取材に来ました。熱のこもった指導にカメラマンさんも驚いていました。
千葉コーチから県大会に向けてみんなにエールを送りました。


さぁ!実際に試合をして県大会に向けて調整してみよう!西会津中のバレーは「感謝することを忘れない」がモットー。
人を想う気持ちを大切に、強気で向かいます。


千葉コーチがみんなの試合に参戦!トスを上げているのは顧問の鈴木先生!!先生も試合に参加くださいました。
鈴木先生のトスに千葉コーチが鋭いスパイクを打ち込みます。強烈!!!
鈴木先生が大きな声を出して、自ら体を張って「大切な声」を、みんなに伝えてくれました。


そして最後は保護者の皆さん、鈴木先生、千葉コーチのスペシャルチームと対戦。ファインプレー続出。
お父さん、お母さん、みんな楽しそう!!千葉コーチはジャンピングサーブを見せてくれました。


会員の㈱カナメの安藤さんも指導の様子を見に来て下さいました。
大人たちも子供たちもまさに真剣勝負!珍プレー続出で、体育館に響く笑い声。楽しい楽しいラストゲームとなりました。


終わりに2年目の活動ムービーを皆さんに見ていただきました。真剣に見てるみんな。
参加したイベントを思い出しながら、自分たちが映ると歓声が沸き起こりました。「あ!!私だっ~!!」


そして、最後に千葉コーチからみんなへのメッセージ。伝えたい想い、みんなに伝わったかな。
そして、バレー部のみんなから友情ネットプロジェクトに素敵な素敵なメッセージを頂きました。
とても素敵なメッセージ、ありがとう!


最後の記念撮影。1年間、明るく元気なみんなに逆に元気をもらいました。そして保護者の皆様、大変お世話になりました!
みんなとっても仲が良くてチームワーク抜群でした。
みんなの笑顔、忘れません。また会える日まで!!!

==============================
【番外編】 第58回福島県中学校体育大会:県大会出場

念願だった県大会の出場を果たした西会津中バレー部。
「We can do it!」 やればできる。自分を信じて、仲間を信じて。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、沢山の応援を背に今まで頑張ってきたことを精いっぱい発揮しました。


この日は千葉進也コーチが応援に駆けつけてくれました。
残念ながら、上位進出は叶わなかったけど、一生懸命「自分たちのバレー」で挑みました。
泣いた分だけ強くなる、泣いた分だけ優しくなれる。
一生懸命やった事、そしてこの悔しさは、きっとみんなの糧になると思います。よく頑張ったね。
最高のチームワーク。 西会津中、最高!!!!

 
 
【巡回指導〈4〉】いわき市立湯本第三中学校
日 程 : 2015年6月7日(日)
参加者 : 湯本第三中学校他、平三中、草野中(48名)
指導者 : 内藤香菜子(元NECレッドロケッツ)
同行者 : 事務局/吉野睦美・小色尚子 会員/依田茂(日鉄住金鋼板株式会社)



今回は中体連前の3校合同の練習試合です。
恒例になりました、湯本第三中学校 志賀キャプテンの開会のご挨拶でスタートです!



試合直前の大事な時期…顧問や内藤コーチから、試合中のポイントを念入りに確認してゲームにのぞみます。
さあ!がんばって!!



どのチームも最初の出だしが肝心です!
緊張せずに、力を発揮できるかな・・・まずは、サーブとレセプションに集中です!



勝負のポイントは、サーブで崩し、拾って拾って拾いまくる粘りのバレー。
みんなで声をかけあって集中力を高めます。



ラインズマンに!プレーに!そして応援に!1年生も元気に2年生を盛り上げます。12人全員バレーがモットーです。



副顧問の依田さん、校長先生、保護者の皆さんからも熱い声援。



試合のあとは、記念撮影。子ども達の撮影に、保護者のみなさん大集合。



練習後には、新調したユニフォームを初披露してくれました!
湯本第三中学バレー部、初の公式戦1勝を目指して、がんばって!

 
 
【巡回指導〈4〉】福島市立信夫中学校
日 程 : 2015年5月17日(日)
参加者 : 信夫バレー部 女子29名/高橋先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局:天谷委員長、小色尚子/会員企業:新日鐵住金株式会社 今野修



天谷実行委員長と新日鐵住金の今野さんが参加下さいました。
「みなさん楽しく怪我の無いように元気にプレーしてください!」
この日は信夫中学と同じく友情ネット仲間の原町第二、そして南相馬の2校の皆さんが参加して交流試合です!
小野コーチの指導のもと試合が始まりました。



さぁ、試合開始です。小野コーチがアドバイスをくれ、一緒に円陣を組んでくれました。「みんな、信夫らしく元気に声を出して頑張れ!」「おぉ~!」



サーブを大切に。大切な声を出して!仲間を想いやるプレーに自然に笑みがこぼれます。ナイスアタック!!良いレシーブとトスをありがとう!



試合をして自分たちのプレーの反省点を自分の言葉で伝えます。
小野コーチからは「自分の役割をきちんとやる。次の試合も頑張れ!」
天谷実行委員長も真剣に耳を傾けていました。アドバイスをもらい、自分たちのバレーで試合に挑みます!



最後に天谷実行委員長より激励!
「勝つ事に大切な事。それは絶対に勝つ!という気持ちです。みなさん、その気持ちを忘れずに試合を頑張って下さい」
保護者の皆さんも沢山応援に来てくれました。最後は新入部員の1年生も一緒に記念撮影。試合、頑張ってね!!!



原町第二中学校のみんなも信夫中のみんなと年末のイベント以来の再会。小野コーチから試合に大切な事を教えてもらいました。
お互い、試合頑張って勝ち進もうね!

 
 
【巡回指導〈4〉】川俣町立川俣中学校
日 程 : 2015年05月10日(日)
参加者 : 川俣中学校バレー部 女子15名、浅田先生、森尾先生
指導者 : 内藤香菜子(元NECレッドロケッツ)
同行者 : 藤野美緒

来月初旬の中体連に向けて、パスやレシーブの基本を再確認と、実戦に生かせる練習をしたいという顧問の先生からのご要望に応えた練習内容となりました。
内藤コーチのアドバイスを一つも聞き漏らさないぞ!という姿勢で、しっかりと練習する姿にはが素晴らしかったです。



パス練習の時から、常に体の向きや使い方を考え、ボールの下にしっかり入ったり、打点の位置を確認しておきましょう。練習のひとつひとつに意味があります。



トスを確認。スパイクやブロックのタイミングも確認。実践に向けての練習をしっかりとこなしました。



子供達が頑張る姿を見て、保護者の皆さんはボール拾いや、審判や線審を進んでやってくださいました。そして顧問の先生方も内藤コーチへボール出しをしてくださいました。素晴らしい!チームプレー!!



AチームとBチームに分かれてのゲーム。コートの中で声を出し、動きを確認している姿がそこにちゃんとありました。



質問1 ディフェンスの時に空いてしまうポジションをカバーするにはどうしたらいいですか?
    ・・・ ポジションをしっかり確認。




質問2 セッターからは、どうすれば遠くまでボールを飛ばすことができますか?
    ・・・ 手だけではなく、体を使ってのトス。




質問3 ケガをしてしまったのですが、練習ができない間のトレーニング方法を教えてください。
    ・・・ 数種類のトレーニングを伝授。




 
 
【巡回指導〈4〉】福島市立信夫中学校(男子)
日 程 : 2015年5月9日(土)
参加者 : 信夫男子バレー部 男子20名/佐藤先生、宮田先生
指導者 : 上田芳裕(元サントリーサンバーズ)
同行者 : 小色尚子(日鉄住金鋼板)



この日のコーチは上田コーチです。早速、ネット際でブロックジャンプの練習です。上田コーチが見本を見せてくれました。みんな、やってみよう!



レシーブの受け方、トスの上げ方、スパイクの打ち方の腕の動き、一人一人の癖を見ながら「もう少しこうした方がいいよ」とアドバイスしてもらいました。



教えてもらった事を自分で考えながら練習です。「そういいぞ!思い切っていこう!」この日初参加の新1年生にも丁寧にレシーブの受け方を指導しました。



2チームに分かれて試合。上田コーチ率いるチームのファインプレーに盛り上がります。試合後、何が足りないのか何が必要なのか説明。先生たちも真剣です。



チャンスボールへの対応、ポジションの取り方を徹底的に何度も練習しました。声をもっと出す!言葉でちゃんと伝える!相手を信じる!自分を信じる!
コーチから大きな声をかけられ、次第に大きな声が出て良くなってきました。最後はみんなでハイポーズ!試合の朗報待ってるよ!頑張って!

 
 
【巡回指導〈4〉】西会津町立西会津中学校
日 程 : 2015年4月29日(水)
参加者 : 西会津バレー部 女子19名/鈴木先生、江花先生
指導者 : 上田芳裕(元サントリーサンバーズ)
同行者 : 小色尚子(日鉄住金鋼板)



この日は大会を前に近隣の中学校3校を迎えて練習試合。上田コーチから的確なアドバイスをもらい、さぁ!みんな自分の力を信じて試合に挑もう!



ワンプレー、ワンプレーを丁寧に大事に。上田コーチが見守る中、西会津中らしい自分たちのプレーができるかな?  さぁ、こいっっ!!



とても天気の良い日だったのでお昼休みは西会津の雄大な山と空に囲まれながら上田コーチを囲んでランチ。みんなから質問攻めでコーチはタジタジ。



午後は再び練習試合です。上田コーチの指導にも熱が入ります。指導を受けるみんなの表情は真剣そのもの。絶対に勝つ!その気持ちを忘れずに。



ご父兄の皆さんも応援に!ファインプレー続出でチームの結束も強くなってきました。最後は新入部員も一緒にハイポーズ。県大会目指して頑張って!

 
 
【巡回指導〈3〉】西会津町立西会津中学校
日 程 : 2015年03月19日(木)
参加者 : 西会津バレー部 女子16名・鈴木先生、武藤先生
指導者 : 千葉進也(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 小色尚子(日鉄住金鋼板)



この日は校長先生がお忙しい中、ご挨拶に来てくださいました♪早速、千葉コーチの下、アタックの練習です!
みんな頑張れ!



アタックの腕の使い方を丁寧に千葉コーチが指導しました。腕の持って行き方は、こうだよ。
さぁ、みんな、思い切って打ってみよう!!



連続アタックの時のステップの指導。上手くいかな~い!休憩中でも「お願いします!」とスリーメンをお願いするみんな。
さすがの千葉コーチもこの汗!



千葉コーチを囲んでのガッツポーズで記念撮影です。最後は円陣をきって、心ひとつに、一番目指して頑張るぞぉ~!



最後はこちらにみんなでサインを送ってくれました。笑いの絶えない西会津です。玄関でみんな見送ってくれました。
ジャーンプ!!!!

 
 
【巡回指導〈3〉】いわき市立 湯本第三中学校
日 程 : 2015年3月15日(日)
参加者 : 湯本三中バレー部 女子6名/伊藤先生・宮澤先生
指導者 : 内藤香菜子(元NECレッドロケッツ)
同行者 : 吉野睦美



さぁ、試合開始。今日の練習の目標は、6人でできる、サーブレシーブとフォーメーションの効率的な練習方法の確認です!さぁ、がんばれっ!湯本三中6人娘!



練習の後半は…保護者のみなさんとの練習ゲーム。お母さん達もお揃いのTシャツで参戦!!「絶対まけないわよー!」と熱戦を繰り広げてくださいました。



最後は健闘をたたえあって、固い握手でご挨拶。そして、みんなで記念撮影!!保護者のみなさん、ご家族のみなさん、ご協力ありがとうございました。



練習のあとは…お楽しみのカレーランチ。保護者のみなさんが、朝早くから作ってくださいました。みんなカレー大好き!お代わりいっぱいしていました。



 
 
【巡回指導〈3〉】福島市立 信夫中学校
日 程 : 2015年03月15日(日)
参加者 : 信夫バレー部 男子17名、女子17名・佐藤先生、連川先生、阿部先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)、上田芳裕(元サントリーサンバーズ)
同行者 : 小色尚子(日鉄住金鋼板)



今回は小野・上田コーチです。女子は小野コーチ、男子は上田コーチが指導。大きな上田コーチに男子はビックリ!
女子はなごやかにスタート♪



腕の使い方、ボールのとらえ方など、一人一人の癖を見ながら丁寧な指導の上田コーチにみんなも真剣そのもの!
もっと上手になりたい!



「ミスをミスで終わらせないこと!」上田コーチの言葉に、スパイクをミスしても再度チャレンジ!
チャレンジする事、自分を信じる事の大切さを学びました。



ホワイトボードを使って分かりやすく説明。紐を使ってボールに対して真っ直ぐ受け取れるようトレーニングを小野コーチが実践!
うまく出来るかな?



サーブレシーブの基本姿勢を小野コーチに見習ってみんなも一緒に。実践では笑あり、涙あり。みんな頑張った!
小野コーチも頑張りました!



最後は男子・女子それぞれに記念撮影!自分を信じる事、決してあきらめない事、仲間を想う気持ち、苦しい時に頑張る事
を学びました♪



男女合同で記念撮影。みんな晴れ晴れとした顔をしていますね♪ 最後はコーチたちを見送ってくれました。
ありがとう、また会いましょう♪

 
 
【巡回指導〈3〉】川俣町立川俣中学校・南相馬市立原町第二中学校
日 程 : 2015年03月01日(日)
参加者 : 川俣バレー部 女子10名・浅田先生、菅野先生/原町バレー部 女子12名・齋藤先生、星先生
指導者 : 小野章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 小色尚子(日鉄住金鋼板)



年末のイベントがきっかけで川俣と原町の交流練習・試合が行われました。
みんな久しぶり!!小野コーチ、今日はよろしくおねがいします!



さっそく試合開始。両校、白熱したゲーム展開!
ゲーム終了後に小野コーチから両校にゲームで必要な事、大切な事を丁寧に説明されました。



黒板とホワイトボードを使って分かりやすく説明する小野コーチ。今度はそれをみんなで実践しました。
両校の父兄の方々も大勢参加くださいました♪



ブロックした後の後方の立ち位置、チャンスボールの処理の仕方を頭と体を使って学びました。
声を出して伝える事の大切さも学びました。



試合を終え、終始なごやか♪こうして交流するっていいですね!最後は父兄のみなさん、スポ小のみんなも一緒に記念撮影♪
また会いましょう~!

 
 
【イベント】「友情ネットプロジェクト 福島×関東 交流会 in 横浜国際プール」

 2年目を迎えた「友情ネットプロジェクト 福島×関東 交流会」。
 今年も福島から6校7チーム、関東から13校が集結し、友情ネットの講師に加え、
 2日目には、全日本女子チームの眞鍋監督とコーチ陣を迎え、大きな盛り上がりを見せました。

日   程  : 2014年12月28日(土)~29日(日)
場   所  : 中村中学校・高等学校/横浜国際プール
参加人数   : 342名(20チーム)
ゲスト講師  : 眞鍋政義監督・川北元・斎藤健次コーチ・水野秀一コーチ(全日本女子チーム)・齋藤信治
友情ネット講師: 内藤香菜子・斎藤真由美・筒井視穂子・田中直樹・小野章三



------------------ 【イベント初日】 第二期の福島参加校は5校(6チーム)、計105名が上京------------------

12月28日、午後13時には、6校すべてが、江東区にある中村中学校に到着。
一番早い学校は、朝の6時に出発し、6時間かけて東京に来てくれました。
まず初めにオリエンテーション。宮崎委員長、中村中 梅沢校長先生から歓迎のご挨拶でスタートです。
各学校の皆さんからは、それぞれの「町やチーム」について自己紹介をしてもらいました。



 そして、みんなが向かったのは「スカイツリー」。地下鉄に乗って、ソラマチ観光♪迷子にならないようにね。


 スカイツリーを眺めながら、みんなで記念撮影。
 ソラマチでお買い物。すごい人だったけどみんなとってもいい笑顔です♪

 スカイツリー見学のあとは、中村中の体育館で「交流会」。
 福島5校に関東3校(中村中・神津中・南砂三中)が加わり130名でミックスチームを結成。色んなゲームに挑戦です。


 だるまさんが転んだ・バレーボールバージョン♪
 ボールを見ながら、列が切れないように。一歩一歩、前進!前進!・・・どのチームが速いか!競争です。



 夕食は、中村中学校の特製カレーライス☆から揚げ付。
 理事長先生からのシュークリーム♡ 校長先生からみかんの差し入れも頂戴して、みんな満足、満腹。いい笑顔です。



消灯は22時。今晩は、みんなで布団を並べて、休みます。
布団置き場からの寝具運びは大変でしたが、みんなでひとつの部屋に寝られるのは、やっぱり楽しい夜☆
みんな、静かに眠れるかな。



中村中や江東区の先生たちが、福島の先生達を迎えて、ウェルカムパーティをしてくれました☆
地域はちがえど、みんな『バレーボールで繋がっている仲間たち』 あっという間に過ぎた楽しい時間でした。
梅沢校長先生、鈴木先生、ありがとうございます。明日も一日宜しくお願いします。





------------------ 【イベント2日目】いよいよバレーボールフェア! ------------------

   横浜国際プールには、前日からの福島5校に加え、東京・横浜、遠くは伊豆諸島の神津島から参加してくれた
 中学校15校を加えた、合計20チーム342名で開催され、体育館は熱気に包まれました。
 
 今回は、堺ブレイザーズ応援団長“なおきさん”が、全体進行をつとめ、会場を盛り上げてくれました。
 開会式では全日本女子チームの眞鍋監督が、講師を代表してご挨拶です。



 ワールドカップまであと244日☆応援にかけつけてくれたバボちゃんと一緒にみんなで「バボちゃん体操」
 体操の指導は、バボラバの美雪先生、筒井みほこコーチ。フジテレビさんも応援に来てくださいました!!



 クリニックの開始は、眞鍋監督のオーバーパスの指導から。
 コーチたちのパスは、フォームがキレイで、柔らかく、パスの音がしませんね!すごいな~。



 レシーブ練習は川北コーチから指導。
 基本姿勢から応用まで、コーチたちの指導を受けて、みんな、どんどん上達します。



 どのコーチも、みんな熱心に指導をしてくれました♪



 眞鍋監督みずからトスを上げて、スパイクの練習をしてくれました。
 さすがのキレイなトスに、中学生だけでなくコーチからも思わず拍手が。さぁ、みんなでスパイクです!



 午後はブロック分けをして、お待ちかねの交流戦です!
 さぁ、どのチームも優勝目指して、ガンバリマス!



 各ブロックを勝ち抜いた中学校が総合優勝を目指して戦います♪
 トーナメント制して優勝果たしたのは、【女子の部】「横浜創英中学校」おめでとうございます!



 【男子の部】は、福島市立信夫中 対 横浜市立中川中の対戦。
 眞鍋監督が見守る中で、両チーム大健闘の末、結果は「横浜市立中川中学校」の優勝!おめでとうございます!!



 【優勝チームには、コーチ陣チームとのエキシビションマッチがプレゼントされました!



 高い打点から、打ち込まれるコーチたちのスパイクにも、粘り強く、ブロックにレシーブで奮闘!
 ブロックを打ち破った時は、会場から拍手が湧きました!



 閉会式では、頑張った中学生へ表彰が行われました。
 優勝チームには眞鍋監督から、コーチ全員サイン入りTシャツの贈呈。川北コーチからは本日のMVPの発表です。
 みんなとっても嬉しそう!!最高の笑顔です☆



 楽しいイベントもこれで終了。
 最後は、コーチたちを「花道」でお見送りです!



 【全員集合写真】
 福島6校・関東14校の中学校の皆さん、コーチ陣、保護者の皆さん、お手伝いいただいたスタッフ皆さん☆
 総勢456名による、記念撮影です☆



 二日間、ありがとうございました!!またいつか、お会いできるまでお元気で♪


【巡回指導〈2〉】いわき市立湯本第三中学校
日 程 : 2014年11月30日(日)
参加者 : 湯本三中(6名)、湯本一中(6名)、 湯本二中(14名)、 磐崎中(19名)/伊藤先生、宮澤先生
指導者 : 内藤 香菜子(元NECレッドロケッツ)
同行者 : 事務局:吉野睦美



今日は「常磐地区」の中学校が勢ぞろい!!4校45名の中学生に、内藤コーチから基本プレーの大切さを指導



湯本三中、はじめての近隣チームとの練習試合☆サーブとサーブレシーブ!みんな一生懸命がんばりました!

 
 
【巡回指導〈2〉】西会津町立西会津中学校
日 程 : 2014年11月27日(水)
参加者 : 西会津中バレー部 女子19名/鈴木先生、武藤先生
指導者 : 千葉 進也(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局:宮崎委員長、小色尚子



千葉コーチからスパイクの打点、コース打ちの指導♪トスに合わせてポイントを決めるのは、なかなか難しい!



打つ!打つ!打つ!!コーチも見本を披露~さすが元全日本!打点の高さとパワーでみんなを圧倒!すごっ!

 
 
【巡回指導〈2〉】南相馬市原町第二中学校
日 程 : 2014年11月15日(土)
参加者 : 原町第二中バレー部 女子12名/齋藤先生、星先生
指導者 : 上田 芳裕(元サントリーサンバース)
同行者 : 事務局:小色尚子/会員企業:新日鉄住金エンジニアリング冨田明雄



(1日副顧問)富田さんの来校に子ども達が駆け寄ってご挨拶~♪基本プレー、声をかける大切さを再確認!



自分たちで考えること!相手を思う心の声!プレーを通じて大切にするべきことを、上田コーチが熱く指導~♪

 
 
【巡回指導〈2〉】川俣町立川俣中学校
日 程 : 2014年11月15日(土)
参加者 : 川俣中バレー部 女子10名/浅田先生、菅野先生
指導者 : 小野 章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局:藤野美緒



毎朝、校庭周辺のゴミ拾いをすることが恒例のバレー部員。礼儀も正しく、小野コーチの指導にもみな真剣です!



広島豪雨災害に見舞われた中学校へ応援メッセージ♪お返しにと、お礼の手紙とTシャツが届けられました!!

 
 
【巡回指導〈2〉】福島市立信夫中学校
日 程 : 2014年10月19日(日)
参加者 : 信夫中バレー部 男子17名 女子18名/佐藤先生、連川先生、阿部先生
指導者 : 川北 元(全日本女子バレーコーチ)、内藤 香菜子(元NECレッドロケッツ)
同行者 : 事務局:宮崎委員長、吉野睦美



内藤コーチと全日本チームで活躍する川北コーチが来校。めったにない機会に、みんなの集中力はMAXに!



まずはレシーブの基本姿勢の確認!できるだけ低い位置でボールコントロールができるように何度も練習です!



川北コーチのリードの元、ボール2コゲームに挑戦です!!簡単そうで、なかなか難しい~。みんながんばれ!



全日本選手のストレッチメニューの指導も受けました。最後は紫苑祭のボードの前でコーチを囲んで記念撮影♪
 
 
【イベント】友情ネットプロジェクト 東北交流会 in 名取
日  程: 2014年10月18日(土)
会  場: 名取市民体育館
参加者数: 総合計(338名)
【内訳】 中学生(205名)、小学生(26名)、引率保護者(49名)指導者(11名)、会員企業(31名)
    スタッフ(7名)、事務局(9名)
福島県…湯本第三中(6名)、川俣中(10名)、西会津中(17名)、原町第二中(12名)
    鮫川中(男8名、女17名)、只見中(16名)
宮城県…名取第一中(男14名、女14名)、増田中(男13名、女28名)、みどり台中(男12名、女15名)
    閖上中(男1名、女13名)、名取第二中(9名)小学生…不二が丘ヴィーナス(18名)名取クラブ(8名)
指導者 :川北元・斎藤健次(全日本コーチ)、齋藤信治、田中直樹、上田芳裕、小野章三、千葉進也、
     内藤香菜子、斉藤真由美
運営協力:三井物産、三井物産スチール、三井物産メタルズ、佐藤製線販売、新日鐵住金、日鐵住金建材
     日鉄住金物流、日鉄住金ボルテン、日鉄住金鋼板、新日鉄住金エンジニアリング、以上11社
協賛企業:株式会社アドワースプレイス(イベントTシャツ) http://www.addwp.jp/



バボちゃん登場!!はじめに名取市長佐々木様にごあいさつをいただき、友情ネット東北交流会スタートです!



まずは全日本の川北コーチによるウォーミングアップ♪学校も学年もミックスで、新しいお友だちとチャレンジ~!



総勢8名のコーチのみなさんが、子ども達ひとりひとりに声を掛けながら、丁寧に指導してくれました~最高!!



いつも活動を支えて下さる会員企業の皆さんが、1日副顧問や運営スタッフとして、お手伝いをしてくれました♪



午後は参加16チームで交流戦。7分マッチで得点が多いチームが勝ち!どのチームも優勝目指して頑張れ~!



交流戦のあとは宮崎委員長、藤井室長の掛け声で、大綱引き大会♪子どもから大人まで、みんながんばれ~!!



一生懸命頑張った中で・・・特に頑張った人を表彰♪全日本コーチへ中学生からサプライズプレゼントも(驚)



最後はバボちゃんとイベントに参加してくれた338名で記念撮影!!フィナーレは、恒例の花道でお別れです♪

 
 
【巡回指導〈1〉】福島市立信夫中学校
日 程 : 2014年9月21日(日)
参加者 : 信夫中バレー部 男子17名 女子18名/佐藤先生、連川先生、阿部先生
指導者 : 小野 章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局:吉野 睦美



1年目の活動DVDを見ながら友情ネットの説明と小野コーチのご挨拶でスタート。みんな少し緊張気味かな~



コートの立つと緊張もほぐれてみんな元気いっぱい~基礎トレーニングは、ダッシュとジャンプの組み合わせ!!



声出しのトレーニングで、副顧問の阿部先生がみんなのために大きな声を出して頑張ってくれました!(拍手♪)



振り返りのミーティングの後は、みんなで記念撮影。信夫中は総勢35名の一番の大所帯!がんばりましょうね!
 
 
【巡回指導〈1〉】川俣町立川俣中学校
日 程 : 2014年9月21日(日)
参加者 : 川俣中バレー部 女子10名/浅田先生、菅野先生
指導者 : 小野 章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局:吉野 睦美



1年目のDVDを見ながら友情ネットの説明とご挨拶でスタート。保護者の方々もたくさん集まってくれました!感謝



基礎練習を中心に、声の掛け合いの重要性について指導を受けました。川俣中は、明るく元気なチームです♪

 
 
【巡回指導〈1〉】西会津町立西会津中学校
日 程 : 2014年9月21日(日)
参加者 : 西会津中バレー部 女子19名/鈴木先生、武藤先生
指導者 : 上田 芳裕(元サントリーサンバース)
同行者 : 事務局:宮崎委員長、小色尚子



初回は、宮崎委員長のご挨拶からスタートです♪上田コーチの細かな指導に、中学生たちも真剣な眼差し~



「ONE FOR ALL ALL FOR ONE」の精神を大切に、レベルアップで勝利に向かって意欲満々です!!

 
 
【巡回指導〈1〉】南相馬市原町第二中学校
日 程 : 2014年9月14日(日)
参加者 : 原町第二中バレー部 女子12名/齋藤先生、星先生
指導者 : 小野 章三(元堺ブレイザーズ)
同行者 : 事務局:吉野 睦美

1年目のDVDを見ながら友情ネットの説明からスタート。
スポーツ課 関場さんも応援に駆けつけてくれました。
小野コーチの練習は、厳しい中にも笑いあり。基礎練習や視野を広げるボールゲームを中心に行いました。
 
 
【巡回指導〈1〉】いわき市立湯本第三中学校
日 程 : 2014年9月11日(木)
参加者 : 湯本第三中バレー部 女子6名/伊藤先生、宮澤先生
指導者 : 内藤 香菜子(元NECレッドロケッツ)
同行者 : 事務局:宮崎委員長、吉野 睦美

内藤コーチの来校を、運動部全員で迎えてくれました♪
ウォーミングアップはみんなでサーキットトレーニング!バレー部員は1年生が6人のみ。
コーチの明るく分かりやすい指導に子ども達はどんどん引き込まれていきました。
 
 
「友情ネットプロジェクト 第一期の歩み」

復興支援スポーツ団体「友情ネットプロジェクト」の、第一期(2013年9月~2014年8月)の活動報告の動画をYoutubeにアップ しました。
改めて、大変多くの皆様の愛情とご協力に深謝します。
そして、福島県の中学生の皆さんがバレーボールというスポーツを通じて、たくさんのことを感じとってくれたことを、とても
嬉しく誇りに思います。




【イベント】「友情ネットプロジェクトバレーボールフェア in 横浜国際プール」

 これまで福島の中学校へ講師を派遣し、猪苗代でのイベント協力をするなどの活動をして参りました「友情ネットプロジェクト」
 が関東の中学生を交えて初の大型イベントを開催しました。
 福島県から5校、関東から14校が集結したこのイベントは、友情ネットの講師に加え、全日本女子バレーの眞鍋監督、コーチ陣を
 ゲスト講師に迎え、大きな盛り上がり見せました。
日   程  : 2013年12月28日(土)~29日(日)
場   所  : 中村中学校・高等学校/横浜国際プール
参加人数   : 340名(22チーム)
ゲスト講師  : 眞鍋政義監督・斎藤健次コーチ・長江晃生コーチ
友情ネット講師: 落合真理・内藤香菜子・櫻井由香・小野章三

友情ネットプロジェクトバレーボールフェアin横浜国際プールの写真(726枚)をオンラインアルバムにアップしました
初 日  ソラマチ観光(35枚)  交流会@中村中学校(185枚)  夕食・就寝@中村中学校(33枚)
二日目  バレーボールフェア・記念写真(26枚)  バレーボールフェア・午前中(241枚)  バレーボールフェア・午後(206枚)


------------------ 【イベント初日】福島県から5校の生徒が上京 ------------------

 12月28日。福島県の様々なエリアから5校、総勢88名がバスで到着。
 今回は江東区清澄にある中村中学校・高等学校のご協力でこちらへ宿泊です。着いて早々向かった先は・・・・


 スカイツリーとソラマチ観光の後は、講師も参加しての交流会。
 学校をミックスして親睦を深めてもらうレクリエーションを講師の楽しい進行で開催しました。みんな楽しそう!


 観光と交流会で身体を動かした後は、みんなで夕食!といえば、やっぱりカレーです。
 校長先生からみかんの差し入れも頂戴して、みんな満腹、満足です!!


 明日は早起きして横浜国際プールへ。
 22時が消灯です。修学旅行のような雰囲気にみんな中々眠れない様子。早く寝ないと明日が大変ですよ!




------------------ 【イベント2日目】いよいよバレーボールフェア! ------------------

 横浜国際プールを会場として行われた「バレーボールフェア」は、前日から参加の福島5校と都内、横浜近郊、
 そして遠く伊豆諸島から参加してくれた中学校の14校を加えた、合計22チーム340名で開催され、体育館は
 冬の寒さを感じさせてない熱気で包まれました。


 まずはウォーミングアップとストレッチから。
 全日本女子チームのメニューを取り入れた内容は、いつもの練習と違って難しい?


 眞鍋監督自ら指導とお手本。
 さすがのトスに中学生だけではなくコーチたちからも思わず拍手が。さぁ、みんなも練習です。


 元全日本でリベロを務めた櫻井さんのレシーブ。そして全日本の長江コーチのスパイク。
 次から次へと一流の技術を目にして子供達の練習にも熱が入ります。


 最高のお手本を見た後はさっそく実践。
 講師たちの的確なアドバイスを聞いてレベルアップ!この後行われる交流戦で発揮できるかな?


 午後はブロック分けをして、総当たりの交流戦です。
 目指すはもちろん優勝!午前中に教わったことをさっそく実戦で披露してみよう。


 各ブロックを勝ち抜いた中学校が総合優勝を目指して戦います。
 トーナメントを制して優勝を果たしたのは「文化学園大学杉並中学校」。おめでとうございます!


 優勝のご褒美はなんと講師チームとのスペシャルマッチ!
 さすが優勝したチームだけあって講師チームの方々も意外と本気!?


 閉会式ではコーチから頑張った子の表彰と賞品の授与が行われました。
 眞鍋監督からはMVPの発表です。全日本の監督に選ばれるなんて一生の自慢になりますね。


 中学生を代表して、中村中学校のキャプテンから今日の感想と福島の中学生へメッセージを。
 その後は、講師たちから中学校へサインのプレゼントです。


 充実したイベントもこれで終了。講師たちとのお別れは笑顔でハイタッチ!
 皆さん、お疲れ様でした。たくさんの友情が生まれたでしょうか。これからもバレーボールを頑張ってください。




【イベント】GAMBARUZO!ふくしま バレーボールエイド2013 in 猪苗代

「友情ネットプロジェクト」と「GAMBARUZO!ふくしま」による共同イベントを開催いたしました。

日 程  : 2013年10月19日(土)~20日(日)
場 所  : 福島県猪苗代町「カメリーナ」
観戦者数 : 約1,000名
指導者  : 落合真理・佐々木みき・千葉進也・小野章三
参加者  : 只見中(5名)、伊達中(13名)、いわき市豊間中(22名)、
       その他、福島県の小・中学生290名。延べ参加人数:330名
協力チーム: パイオニアレッドウィングス・NECレッドロケッツ

------------------ イベント初日 ------------------


 地元猪苗代近郊の中学生を対象とした、友情ネットプロジェクト講師によるバレーボール教室を開催。



 講師陣の細かな指導に、中学生たちも真剣な眼差しです。



 クリニックの後は世界を相手に戦った講師たちにチャレンジ!教えてもらったことをぶつけよう!



 みんな一生懸命頑張った中で、特に頑張った学校・生徒を講師が表彰。おめでとうございます!!



 教室後のサイン会は長蛇の列!握手をしたり、記念撮影をしてもらったり。この感動を忘れずに!

------------------ イベント二日目 ------------------

 イベント二日目もミニコンサートやバレーボール教室。そしてエキジビジョンマッチと盛り沢山の内容です。
 大粒の雨が降る中、たくさんの子どもたちとお客様が観戦に駆け付けてくださいました。



 エキジビジョンマッチ前に行われた小中学生を対象にしたバレーボール教室は251名が参加。
 スタート前には、友情ネット講師と「パイオニアレッドウィングス」・「NECレッドロケッツ」の
 両Vプレミアリーグチームの総勢280名で記念撮影を行いました。



 エキジビジョンマッチ前に行われた小中学生を対象にしたバレーボール教室は230名が参加して
 行われました。ウォーミングアップからみんなノリノリです。  



 このような思い出が将来の名バレーボールプレイヤーを育んでいくことになるんでしょうね。
 現役Vリーガーのスパイクを体験。 うわぁ!強烈!!



 試合形式で一流選手のプレーを体験。レシーブが上がると大喜びです。



 選手の皆さんありがとう。最後は、笑顔でハイタッチです!



 いよいよVプレミアリーグのエキジビジョンマッチ。子どもたちと手を繋いで入場です。



 スターティングメンバーからサインボールのプレゼント。福島の方への温かいメッセージも。
 みんな大喜びで手を伸ばします。こっちに投げて―!  



 リーグ開幕前の真剣勝負。白熱した試合はパイオニアレッドウィングスの勝利で幕を閉じました。

 今後も「友情ネットプロジェクト」は、福島県各地の中学校でバレーボール教室やイベント開催することで、
 福島の子どもたちの活動をさまざまな角度から支援していきます。
 
 
【訪問指導】伊達中学校

日 程 : 2013年9月28日(土)
場 所 : 伊達市立伊達中学校
指導者 : 小野 章三(元 堺ブレイザーズ)
参加者 : 伊達中バレー部 女子13名、顧問1名、計14名
同行者 : 宮崎委員長、サポート:小色尚子(日鉄住金鋼板株式会社)

「一戦必笑」の合言葉どおり、とっても明るい元気なチーム。
小野コーチの強打をレシーブする練習をしました。スピードボールには「負けない気持ち」が大切。
みんな積極的に取り組んだ結果、最後はナイスレシーブが続出!!次回への課題を確認して終了しました。

 
 
【訪問指導】只見中学校

日 程 : 2013年9月18日(水) 16:00~18:00
場 所 : 只見町立只見中学校
指導者 : 千葉 進也(元 堺ブレイザーズ)
参加者 : 只見中バレー部 女子11名、顧問1名、計12名
同行者 : 事務局:吉野睦美、サポート:平山真恵美(ただみコミュニティクラブ)

千葉コーチの丁寧で細かな指導に、顧問の斎藤先生も中学生たちも、とても真剣な眼差し。
基礎的な練習でポイント指導を行った後は、試合に向けてレシーブフォーメーションの確認。
生徒からも斎藤先生からも質問がたくさんあり、充実した練習でした。

 
 
【訪問指導】鮫川中学校

日 程 : 2013年9月4日(水) 16:00~18:00
場 所 : 鮫川村立鮫川中学校
指導者 : 内藤 香菜子(元 NECレッドロケッツ)
参加者 : 鮫川中バレー部 女子16名、男子6名、顧問6名、計28名
同行者 : 宮崎委員長、事務局:吉野睦美、サポート:鈴木美智子(さめがわスポーツクラブ)

全校生徒の98%が運動部、今回の5チームの中では一番部員数の多い鮫川中。
小学校からバレーをしている生徒も多いため、基礎練習の他、ゲーム形式の練習も行いました。
当初は女子のみの予定でしたが男子チームも合流。内藤コーチからたくさんの声をかけられ、みんな大喜びの様子。
中学生からも質問がたくさん!とても熱のこもった指導でした。
 
 
【訪問指導】小浜中学校

日 程 : 2013年9月1日(日)、10月6日(日) 14:00~17:30
場 所 : 二本松市立小浜中学校
指導者 : 小野 章三(元 堺ブレイザーズ)
参加者 : 小浜中バレー部 女子11名、顧問1名、計12名
同行者 : 宮崎委員長、事務局:吉野睦美、サポート:藤野美緒(いわしろふれあいスポーツクラブ)

最初は少し緊張気味でしたが、徐々に明るい雰囲気に包まれながらの練習初日でした。
小野コーチのトレーニングメニューは、厳しい中にも笑いあり。
みんなとっても一生懸命に、最後まで諦めずに練習に取り組みました。
あいにくの雨模様にも関わらず、父兄の皆さんも大勢駆けつけてくれました。